小児科を終えて

小児科めちゃ楽しかったです。最後まで診れた子もいるし、退院に立ち会えない子もいました。別れのあの寂しそうな顔は今日で最後ということが分かったんですね。まだ小さくて話せないのに本当によく分かっているものです。

別の子からは船をもらいました。

左が僕で、右がその子…ではなくキャンディーだそう。なぜ!?

気持ちが嬉しすぎて、思わず抱きしめました。

 

うちの小児科では違和感をあまり感じませんでした。効率化を進めるべき点は山ほどありましたが、やはり患者さんに真剣だから、治療に関してはもう学ぶことだらけでした。

きっと自分が嫌なことが少なく楽しく暮らしていくには小児科医になるのがいいんだろうなと思います。

でも高齢先進国である日本が抱える問題は多く、なんとかしていかないといけないことだらけで本当のやりたいことは小児科医ではないです。

明日からは科が変わります。自分の力ではどうにもならないくらいの壁が待っていました。全く知らないけど、本当にその人のことを考えたら時間がいくらあっても足りない患者さんを何人か申し送られました。

明日からは圧倒的に違う。全く違う。自分がどんだけ頑張っても無理で、人に助けてもらわないとどうにもなりません。バカみたいに一生懸命やるのがベストではなくて、自分の持てる才能をすべて活かしていかないとダメですね。

気持ち切り替えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.