退院時の笑顔

3ヶ月の内科研修も一旦終わる。次は1月から。

誰か笑顔にできたかな?

誰か笑顔をくれたかな?

思えばみんな「今日は問題ないです」「咳は減ってきました」といった会話ばかりで、安心させたり、感謝されるようなことがあんまりできてなかったかもしれない。

まぁcure(治すこと)ができてこそcare(癒すこと)ができるから、大前提のcureにいっぱいいっぱいだったわけだけど、やっぱり笑顔にするためにやってるんだから、これがないと。

退院時、医師は薬の処方がある際「退院時処方あり」と書く。

今後は心の中で呟こう。

「退院時笑顔あり。」

相手と、自分の笑顔がありました、となるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.