麻酔科はサポート。

今は麻酔科回ってます。

最初は見えなかったことが1ヶ月もやってるとだんだん分かってくる。

いや、正直麻酔科医って座ってばっかで暇してて、定時にだいたい帰れて、ホンマQOL(quality of life)高いなと思ってました。

麻酔科はサポート。

何かを治してもらいたいと願う患者さんがいて、その何かを手術する医者たちをサポートする。

 麻酔がないと痛くて手術なんてできない。

切腹するわけですから。

 

その痛みを取るために麻酔をするわけですが、全身麻酔をすると意識はなくなります。呼吸も止まったりします。

だから意識がなく呼吸もできない患者さんがどんな状態か把握し、それに対応します。

 

喉が乾いた!痛い!息苦しい!血が足りない!何かおかしい!

 

など。それに伴って、輸液したり、鎮痛剤を入れたり、呼吸器を設定したり、輸血したりします。

 

そうすることで手術する医者が手術に専念できます。

 

身体の状態が悪いと手術中に死ぬことだってある。手術って何が起るか分からへんから。

寝てる間に死んでいた…なんてことは本当に避けたい。そのために麻酔のプロが必要になる。

麻酔看護師という存在を作るべきって話もあるんやけど、保険はいっぱいあった方がよくて、確かに看護師には難しいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.