医者が人に役立っているとは限らない話。

僕は医者が天職だと思っている。

 

人に役立てることにとても喜びを感じる人間だからだ。

 

医者は確実に人の役に立てる。

 

 

そう思っていたが、実は医者は確実に人に役立つわけではないのだと知った。

 

 

厳しい意見だけど、僕の働いている病院の元院長先生に教えて頂いた。今日はその話。

 

 

確かに自分が診療することで100人によりよい医療を行えるかもしれない。

 

でもその一方で自分の誤ちによって1人を殺してしまったら、それは本当に人の役に立っていると言えるのか。

 

もちろん悪意なんてない。だがそれで人の役に立っているかそうでないかと聞かれたら、答えは難しいところだ。

 

それだけ医者には責任がある。その責任を負うから、生涯学び続けなくてはいけない。

 

学ぶだけでもダメで、薬1つをとっても「これでいいのか?」と問い直し続ける。

 

本当に人に役立ち続けるためには、最も肝心なこと。

 

 

それは患者さんをよく診ることだ。

 

 

そこで間違っていればすぐ変えたらいいし、答えも見つかる。

 

 

 

 

医療は奥が深すぎるわ。あまり気負いせず頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.