自分に負けて、負けても、次負けるとは限らない。

thai_boxing_01

「あの人には敵わない。」

 

「私にはあんなにうまく弾けない。」

 

「仕事はこのくらいにしておこう。」

 

自分の限界を、作っていないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、

 

 

自分の限界を超えたい。

 

 

 

今自分にできそうもない所に目標だけ先に投げて、

 

それをなんとか掴もうとする。

 

そのために、自分の殻をもう一枚破る。

 

 

新しい自分に出会える。

 

 

自分を高めて、もっと面白いことをしてみたい。

 

というか自分の夢を実現させるには、今の自分では歯がたたない。

 

社会で上の立場にいる人達もそうやってきたんだ。

 

 

 

自分ができること以上の作業を自分に課す。

 

そうするのは、自分が弱いから。

 

できそうだという余裕があると怠けてしまう。だからこんな方法を取っている。

 

 

ちなみにこれには名前がついているらしく、「学生症候群」と「パーキンソンの法則」と言う。

 

「学生症候群」:作業時間に余裕があると、ぎりぎりまで着手しなくなること。

「パーキンソンの法則」:見積もりより早くタスクが完了しても、前倒しで次のタスクに着手する事が無いこと。

 

スピード感を持ってできるように自分を仕向ける。

 

 

限界を作る自分を、乗り超える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.