とてもシンプルだった。1人でいたい時がある理由。

alone-in-town_00443075

 

なんで1人でいたい時があるんだろう?ただの生物なのに。

 

生物学的には、集団で生活しているのが人間だ。別に1人で何かしないといけないわけではなかった。

 

だけど、僕は人と会いまくったりすると必ず1人になりたくなる。

 

1人でいる時間をわざわざ作っているともったいない気がして、なんとかならないかと考えた。

 

 

「1人でいるメリットとは?」

 

1人でいると整理ができる。

モヤモヤが解決する。

大事な決断をしっかり考えることができる。

悩んだまま走らなくて済む。

自分なりの結論に至ることができる。

 

 

逆に誰かといる時は、

気を使ってしまう。

その人がつまらなく思っていないか、その人を楽しませないと、などと思ってしまう。

 

 

つまり自分に集中したいということ。

 

 

僕は、あまり即断ができない。わりと、ちょっと悩む方。

 

薄っぺらい発想で考えずに、自分の奥底の考えに触れようとしている。U理論でいう「源(source)」に辿り着こうとしているわけだ。(U理論

utheoryfirstview

 

深層の部分から答えを出そうとすると、即断ができない。

 

 

 

だから、僕は絶対に1人でいる時間を作っている。

 

その理論が正しいとすると、

 

友達や家族とでも、①うまく一緒に深層に触れることができたら、②全く気を使わなくていい人とだったら、③自分の深層の考えにすぐに辿り着けるようになったら、1人じゃなくてもいいのかもしれない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.