伊是名島日記〜島1人の医者として〜

伊是名島に行ってきた。

 

IMG_4236

沖縄のドクターヘリ「MESH」に乗って。

 

IMG_4241

やっぱり海が綺麗!11月でもギリ海に入ることができた!

 

IMG_4252

1週間という短い期間だったので、心を伊是名において過ごす。

 

IMG_4261

伊是名JAMといって、野外で音楽をならし、ジンギスカンなどの食べ物を売っている人たちがいた。

 

IMG_4266

次の日に一緒に飲む。「オジーと一緒に飲む」ことに衝撃を受けた。ただの近くに住むオジーなのだ!

 

IMG_4276

日中は仕事。1500人の島なので一日30人くらい診る。

 

基本的には「いつものお薬を下さい+咳が出ていて」などが多い。

 

時々、

「魚の骨が喉に詰まって」→内視鏡がないので喉頭鏡で頑張って探す。

「目に異物が入りました」→綿棒で拭き取る。

「足がどんどん腫れてきて」→蜂窩織炎と診断し、抗生剤を処方。

「施設入所中の患者さんが発熱・意識障害」→ヘリで搬送。

など。

 

沖縄

診療の合間に島を散策したり、スナックに飲みに行ってオジーと再開したり。

 

IMG_4268

島のカレンダー。休肝日が一大イベント(笑)そして、高校生の修学旅行の多さに驚いた!

 

単にホテルに泊まるのではなく、地域の家々に民泊しにくるのだ。

 

仕事を手伝ったり、島の日常を体感するというもの。

 

島が潤い、若い活気も出る。高校生にとってもいい体験や出会いになる。

 

面白いビジネスモデルだ。

 

IMG_4285

大潮で海が引くと、サンゴ礁を歩けるようになる。

 

 

 

夜中にライトをつけて、歩くこと2時間。

 

IMG_4297

タコをゲット!!!マダコに、テナガ、シガイなど7匹ほど見つけた。

 

IMG_4290

島一番の名人に連れて行ってもらった☆

 

IMG_4299

採れたてを茹でて、そのまま食べる。中くらいの大きさのが一番うまい!

 

 

あっと言う間に一週間が過ぎた。島の色んな人にお世話になりましたm(_ _)m

 

暖かく迎えてくれて、感謝です!

 

IMG_4311

東京へ帰る前に沖縄本島で友人と再開。その友達と野外カフェへ。

 

戦争を経験したオバーが面白いという。

 

オバーと二人で海辺に飲みに行ったりもするそう。

 

車から降りる時は背負ったりもして。

 

そんなことをあんまり経験したことがなくて、なんでそうなるのか、もっと知りたいと思った。

 

 

 

 

 


 

島は狭く、人の距離が近かった。

 

離島の診療所では最先端の医療を提供できなかった。

 

でも人の距離が近いから、サポートも多くて、その人らしく暮らせる期間が長いように見えた。

 

90歳のオバーが旅館で朝ごはんを作ってくれていた。危ないからと言ってオバーから仕事を奪えば、認知症が一気に進むのは目に見える。

 

患者さんの幸せを考えた時、最先端の医療が目の前になくとも、家族や地域のサポートが最善の医療になる。

 

 

もちろんきっと悪い意味でも人の距離が近いのだと思う。

 

だけど確かなのは、「大切なつながりは近い方がいい」ということ。

 

どこにいても、大切な人を大切にしたいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.