カテゴリー別アーカイブ: イベント

金魚すくい屋をやってみて

img_5675

根津で金魚すくい屋さんをやってきました。

 

 

藍染大通りという素敵な場所で行わせて頂き、楽しくやることができました。

 

根津・千駄木 下町まつりに合わせてできたので、

 

子供たちも沢山遊びに来てくれました。

img_5670↑手伝ってもくれました(^^)

 

 

藍染大通りという道は、毎週土日の日中は車両通行止めになって、

 

地域の憩いの場としてや、子供たちの遊び場として使われます。

 

また私たちが金魚すくいを行った日はなんとウェディング会場として使われていました!

14707021_1805922786342654_7208027546987127563_o

地域の豊かさを感じさせるいい道ですね。
金魚すくい自体は無料で行い、100人くらいにはやってもらえた感じです。

 

無料でできる代わりに、子供たちはお手伝い券を書かないとできない形にしました。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-17-49-23

↑この手作り感がいいでしょ(笑)

 

お手伝い券を書けばできるようにすることで、子供たちが自分たちの意思で普段はできない金魚すくいを気軽に楽しみ、

 

日本らしい文化や、生き物に触れる機会となります。

 

img_5672

 

またお父さんやお母さんとのコミュニケーションが生まれます。

 

お手伝い券を書いてもらう時に、お母さんが

 

「◯◯ちゃんは、お母さんのために何を手伝ってくれるの?」と言い、

 

子供が真剣に考えて、お母さんと相談して決めている姿に笑顔がこぼれました。

 

 

 

金魚すくいに限らず、こういった祭りや町内会などの地域のつながりが健康に大きな影響があることが分かってきています。

 

私の研究室の先生が主導で行っている研究では、例えば5万人の高齢者を対象に調べたところ、

 

つながりが豊かな地域では、高齢者が歯を失うリスクが 7%低いことが分かりました(Koyama S, 2016)。

 

他にも認知症を減らしたり、転倒を減らす効果など色んなことが分かっていますが、要するによい地域は、人をよくするということです。

 

そのあたりが最近の公衆衛生のトピックなので、東大の孫先生が主導で行っている

 

谷根千まちばの健康プロジェクトの一つ「モバイル屋台 DE 健康カフェ」のサブイベントとして今回は金魚すくいを行いました。

14670809_1440422942635305_662668352390396624_n

思ったより簡単に金魚すくいはできました。

 

そのわりに子供たちは本当に楽しそうですし、

 

場も豊かになりますし、

 

「金魚すくい」

 

おすすめです。

 

ぜひみなさんもやってみてはいかがでしょうか?

一日料理教室@コワーキングスペース

近年コワーキングスペースが増えて久しいですよね。

 

色んな働き方ができる現代だからこそだと思います。

 

そんなコワーキングスペースの一つ、「TECH LAB PAAK 」で、ユーザー向けに一日料理教室をやりました^_^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

私が今運営しているジャパンヘルスケアでは、コワーキングスペースに少し重きを置いています。

 

コワーキングスペースのユーザーにとって健康でいることはとても大事なんですよ。

 

コワーキングスペースユーザーは例えば、

 

学校や職場に属しておらず健診を受けていなかったり、

 

起業する上で体調を崩した場合起業が失敗するリスクを抱えていたり、

 

立ち上げ時は忙しいので健康に気を使う暇がなかったりします。

 

 

逆にこの人たちが健康になるとどうでしょう?

 

健康的な経営はむしろパフォーマンスが高いことを知り、

 

新しく生まれた企業がより大きくなった時、企業全体が健康的になりますよね。

 

健康的な企業が増えたら、世の中もっとハッピーだろうなぁ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAと話しているところ。

 

 

健康でいることが重要なコワーキングスペースですが、まだできて新しい形なので、仕組みが整っていません。

 

そこでジャパンヘルスケアでその仕組みを作ってしまおうというわけですね。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本格的にやりだして第一回の挑戦は、「食」。

 

みなさんは昨日の朝、昼、晩は何を食べましたか?

 

思い出すのが難しいことでしょう。

 

ちょっと頑張って思い出してくださった方は、どうですか?健康的でしたか?

 

こんなブログを読むようなみなさんなので、

 

健康的な食事がどんなものか知っていると思います。

 

が、行動していないことも多くないですか?

 

 

どうすれば、行動できるか。

 

 

それは前回もお話したように、「SDH」ですね。健康における環境を整える必要があります。

 

 

そこで、コワーキングスペースに美味しいご飯を作って食べられる環境があるとどうかなと考えました。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAみんなで作って、みんなで食べる。

 

やってみるととても気持ちのいいもので、参加者全員から「とても良かった」「またやってほしい!」とありがたい言葉を頂きました!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA栄養士による健康的な料理提供を行う「ふらりーと」さんとコラボしつつ、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA料理人の「守永江里」さんをお呼びして、行いました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAレシピは、作り食べる人のことを本当によく考えて考案して頂き、作りやすいのに驚くほど美味しい料理でした。

 

「色んな応用がきく炒めものにしよう」とか、

 

「男の家にでもありそうなみそを使おう」とか、

 

「たれを肉に絡ませつつ、ボリュームを増やすために片栗粉をまぶそう」とか、

 

「赤パプリカなんて使ったことがなかったけれど、こんなに彩り豊かなら使ってみようかな?という男性意見があったし、赤パプリカを使おう」とか。

 

そうやって思いのこもったレシピで作る料理はとても心暖まるものでした。

13242041_1732903560296997_939662512_o美味しそうでしょう?

 

意識しなくても、何かを感じてもらえたのではないかなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAホント、美味しかった!

 

 

ジャパンヘルスケアはこれからも心暖まる健康環境作りをやっていきます。

 

「守永江里」さん:instagram; mrer_gohan    twitter; もりえり。

「ふらりーと」さん:HP; https://furari.co/

【イベント予告】1日の1/3を占める睡眠について。

12694504_1159231830795982_5308781430422590707_o

あなたはちゃんと寝ていますか?ぐっすり眠れていますか?

 

24時間明るくなった現代社会において、睡眠時間はどんどん削られていく一方。

 

しかし削るにも身体的限界があり、質の低い睡眠は日中の仕事に支障をきたします。

 

毎朝すっきりと目覚め、日中に高いパフォーマンスを出すような睡眠の秘訣を知りたくはありませんか?

 

 
************************
「SLEEP WORKSHOP」
〜徹底的に睡眠の質を向上させよう〜

 
「SLEEP WORKSHOP」では、明日からのあなたの睡眠が劇的に変わります。
睡眠をワークショップ形式で深めるため、あなた自身の睡眠を客観的に振り返られます。

 

睡眠を深めるためにワークショップをファシリテートしてくれるのは、

 

おそらく日本で一番ワールドカフェの実施経験が多い「古瀬正也」さん。

 

最近では豊島区主催の「としま100人女子会」のファシリテーターを務めたり、長野県大町市や島根県での活動など、日本各地で大活躍中です。

 

彼の人柄には場を暖める力が、彼の言葉には創発を促す力があります。

 
そして今回、睡眠の専門家として「神山潤」先生にお越しいただけることになりました。

 

神山先生は、医療界では超有名な東京ベイ市川浦安医療センターのCEOであり、睡眠の専門家でもあります。

 

睡眠に関してこの先生の右に出る人はいないと言って過言はないかもしれません。あなたの睡眠の悩みに答えてくれることでしょう。

 

そんな強力なコラボが実現した「SLEEP WORKSHOP」。

 

睡眠について気になっていることがある方
睡眠の質をもっと向上させたい方
睡眠を十分に取れていない方

 

などに本当にオススメです。こんな会めったにありません。

 

この機会にどうぞみなさんで「睡眠」を深めましょう!!

 

 
【概要】
日にち:2016年3月12日(土)

時間:14:00~17:00、13:30~受付

場所:mashup studio(http://www.central-uni.co.jp/mashup-studio/

定員:30人

参加費:2000円

対象:20〜40代男女

申し込み:下記予約フォーマットより先着順

http://goo.gl/forms/FZqxDOx2Jp

 

【タイムテーブル】
14:00 オープニング(10分)
14:10 3人1組グループ作り(5分)
14:15 自己紹介(10分)
14:25 睡眠振り返りシート記入
14:30 グループ共有①(15分)
14:45 席替え(5分)
14:50 グループ共有②(15分)
15:05 全体共有(15分)
15:20 休憩(10分)
15:30 席替え(5分)
15:35 グループシェア
15:40 専門家との対話(40分)
16:20 ミニレクチャー(15分)
16:40 学びの振り返り(10分)
16:45 全体共有(5分)
16:50 クロージング(10分)
17:00 終了

 

【講師】

title
神山 潤先生/東京ベイ・浦安市川医療センター CEO
小児科医、日本子ども健康科学会理事、日本睡眠学会理事、子どもの早起きをすすめる会発起人。 睡眠、特にレム睡眠を脳機能評価手段の一つとして捉える臨床的な試みに長年取り組む。 旭川、ロサンゼルスでは睡眠の基礎的研究にも従事。 米国から帰国後、日本の子どもたちの睡眠事情の実態(遅寝遅起き)に衝撃を受け、社会的啓発活動を行う。
公式サイト

 

10407968_707017132705844_2918561887902416432_n

古瀬 正也氏/ファシリテーター
古瀬ワークショップデザイン事務所 代表
2008 年、ワールド・カフェという話し合いの手法 を体験し、対話に興味を持つ。2010 年、全国 47 都道府県でワールド・カフェを開 催し、約 1200 名が参加。2013 年、立教大学大学院 2 1 世紀社会デザイン研究科修了。2012 年度修士論文「ワールド・カフェ・デザインの可能性」執筆。 現在、フリーランスのワークショップデザイナー/ファシリテーターとして活動中。

 

 

【企画】
ジャパンヘルスケア

 

参加申し込みはコチラから。

みなさんのご参加をお待ちしています!

【イベントレポート】時短!ウォーキング講座

「頑張るビジネスパーソンのための時短ウォーキング講座」

 

肩こりや腰痛、膝痛に悩む人も多いのではないだろうか?肩や膝が痛くなれば整骨院や病院に行って治してもらうものだと思っているが、実際にはよくならないことも多い。そもそも痛みを予防することはできないのか?

 

ビジネスパーソンの健康づくりをミッションに掲げるジャパンヘルスケア。その企画第一弾である本イベントでは、理学療法士であり、ヨガ講師でもある中村尚人先生をお招きし、痛みを未然に防ぐ歩き方についてご紹介いただき、参加者は実践的に歩いてみて、その変化を体感した。

 

IMG_3680

人は歩くことが基本


 

中村尚人先生はまず、 「ヒトは、脳が大きくなったから歩けるようになった?それとも、歩くようになったから脳が進化したか?」という質問を投げかけた。

 

答えは 「歩くようになったから脳が進化した」だという。

 

ホモエレクトスは、脳の大きさがヒトの半分である約900ccで二足歩行していたことが発見された。今ほど大きくなくても歩いていた。そこから考えられるのは、歩いたことによって手がフリーになって、脳が発達したということだ。

 

またヒトの踵が大きいということも歩くためにあるという。

 

「踵はショックの吸収作用があり、これは走るためなら踵はいらないはず。」

「馬などは踵は浮いて、指が進化したのがヒヅメですから。踵が大きいということはまちがいなくヒトは歩く動物なのです」

 
歩行には連鎖があり、ねじれが重要


「歩行にも連鎖がある」という。中村尚人先生は、歩行における連鎖は「ねじれ動作」だという仮説を提唱している。

 

生物の移動には脊柱を中心に行っていた。魚類、両生類は横にクネクネするような側屈で、哺乳類は屈伸し、ヒトは「回旋」だそう。

2足歩行で脊椎に重力の負担をいかにかけないかを考えると、重力に対して軸をつくって回旋動作すると、重力に負けるポイントがないのだ。

「回旋を取り入れて全身を連鎖させる。それが正しくて、最も効率よく歩く方法です」

IMG_3685

 

 

 

痛みには必ず原因がある


 

四十肩、五十肩にこまる人は多い。四十肩は、肩の中が固まってしまうこと。なぜ起こるのか?肩を振っていないからだそう。腕は体幹の方に引いてしまうとよくなく、腕は伸ばすためにある。

「四十肩で困ってくるヒトは、例えば肩がけバックをずっと持ったり、何か引く動作を必ずやっています。それで、伸ばす方向の古典的なアイロン体操なんかが効くわけですね。手を振って歩くのも、その予防の一つです」

 

予防とは常になんでだろう?と考えることだという。筋肉が弱くなるのは、使わないから。使わない原因が必ずある。それを見つけ出すことが大事なのだ。

 

 

 

実践編「ペアウォーキング」

続いて、参加者が実際に歩くレッスンに移った。

 

IMG_3146

胸郭回しペアウォーク


 

歩行は胸郭から始まる。

胸郭の回旋を意識して、肩甲骨の下を両手で支えて回旋運動を助けながら歩く。

 

 

IMG_3148

腕振り強調ペアウォーク


同じく上腕をもって、前の手は回外、後ろの手は回内の動きを助けながら歩く。

 

 

 

 

IMG_3154骨盤抵抗ペアウォーク


骨盤をしっかり開いて歩く。

体幹と足をつなぐ腸腰筋を使う練習になる。

 

 

IMG_3156

手押しペアウォーク


股関節を伸展し、つま先で蹴り、着地するまでの足の運びを意識できる。うまくいかない人は回旋ができていない人が多かった。

LINEスタンプに似たポーズだと盛り上がる。

 

IMG_3150

肩押さえペアウォーク


足指をぐっと反らせたあとで指を戻すと、足底のアーチができ、指先と踵で体を支える自然に真っ直ぐな姿勢ができる。

その姿勢で肩を押さえ、重心が乗った形で歩く。

 

IMG_3161

肩押しペアウォーク


肩の回旋運動が入ると、片足を浮かした状態で肩を押してもグラつかない。

レクチャーでの回旋運動の重要性を実感できるワークだった。

 

IMG_3167

頭引っ張り・頭押しペアウォーク


両方の乳様突起を支えながら歩いていく。5kgもある頭がフリーになって、かつ頭が上の方向へと意識が向くため、正しい姿勢で歩ける。一人でやる場合は、両手で頭を押すと、逆に上への意識が生まれて同様の効果になる。

 

ペアウォーキングを終え、「習ったことを、実践してやる流れがよかった」などと参加者の反響も大きかった。

 

 

総集編「プロモーションウォーキング」

 

最後に、うまく歩けるようになった様子を動画撮影。

 

音楽に合わせて、リズムよく歩く。

IMG_3175

実際に学んだことを、実践し、それを作品として形に残すというもの。

完成した動画は参加者で共有する予定だ。

IMG_3797

 

「一緒にやって連帯感が生まれた」

「会全体の満足度は高かった」

 

と大好評のウォーキング講座。

 

次回は12月6日(日)に皇居を散歩するイベントを企画している。

皇居ウォーク皇居ウォーク

誰でも参加可能で、予約は不要。

また今後も毎月イベントを開催予定で、1月は姿勢講座だ。

詳細はfacebookページより。

ていねいに歩くこと。

 

最近歩くことにハマっています。

 

歩くことがこんなにも面白いことだなんて考えたこともなかったです。

 

みなさんは正しく歩けていますか?

 

 


 

 

僕自身、自分の歩き方はいい方だと勝手に勘違いしていましたが、

 

研修医時代同期の友達に、「大地って歩き方は汚いよね、初めて会った時から思ってたよ。」と言われるくらい歩き方が悪かったんです。

 

靴底は内側ばかり擦れて、脱いだ靴は内側に傾いてしまっていました。

 

別に気にしていませんでした。

 

が、全くよくありませんでした。

 

よくない点はいくつかあります。

 

1.つまづきやすい。

よくつまづいていました。じじいになったら転倒して寝たきりになるリスクが高いなと自分で思っていました。

 

2.疲れやすい。

エネルギー効率の悪い歩き方をしていたので、歩くとすぐ疲れてパフォーマンスが落ちていました。

 

3.骨や筋肉に慢性的な負担をかけてしまう。

人はほとんどの時間を歩くか立つ、座る姿勢で過ごしているので、歩き方が悪いと部分的な負荷を骨や筋肉にかけてしまいます。病気はたいてい慢性的なことで発症します(慢性炎症しかり、糖尿病しかり)。高齢者のヒザ痛や腰痛、肩こりのほとんどは普段の姿勢や歩き方が原因です。慢性的な負担を体にかけないことが大事です。

 

4.モテない。

理由は下記に記してあります。歩き方がだらしないと実はモテません。

 

 

そんなよくない歩き方をしていた僕でしたが、タクトエイトというヨガスタジオを経営する中村尚人先生のプライベートレッスンを2回受けて、歩き方が変わりました。

 

一回目の時の記事がコチラ

 

一回目でも感動し、だいぶ自分で日々改善していたのですが、二回目を受けた時も衝撃的事実をたくさん知り、まさに目からウロコでした。

 

・上半身が大事だということ

・軸を意識し、体重をうまくのせること

・腸腰筋と前鋸筋をうまく使うこと

 

詳しいことは省きますが、これらがうまくできたときは、ポーンポーンと前に歩けてしまします。驚きです(笑)

 

 

教わった歩き方を毎日の生活の中で実践している僕ですが、姿勢よく歩けていると、気持ちがとてもいいです。

 

またていねいに歩くと、緩やかに焦りを解消していけるのがいいですね。急いでいると冷静な判断をできなくなりますが、ゆっくり歩けば引き返すのも造作無いですし、俯瞰的に考えられます。

 

 

これはみなさんにも伝える価値があるものだと確信しました。

 

そんなわけで歩き方講座をやります。

 

ちょっと自分の歩き方を見なおして、正しい歩き方を実践してみたいなぁと思った方は、ぜひこの機会を活用して下さい!

 

 

 

*************************

 

「頑張るビジネスパーソンのための時短ウォーキング講座」

■日時:11月22日(日)13:00〜16:00
■会場:新宿村スタジオ ウェスト303
丸ノ内線西新宿駅より徒歩7分
大江戸線中野坂上駅より徒歩8分
新宿駅より徒歩20分
http://www.shinjukumura.co.jp/map/
■対象者:美しい歩き方に興味のある方全て
■参加費:2000円(ドリンク付き)
■持ち物:室内シューズ(あれば)
■定員:40名(先着順/要予約)
■予約方法:下記予約フォームで申し込み
http://goo.gl/forms/a8zKcCN567
■内容
13:00〜 オリエンテーション
13:10〜 歩き方講義 〜正しい歩き方を知る〜
14:00〜 「ペアウォーキング」〜歩き方をチェック〜
14:30〜 休憩
14:40〜 「美ウォークコンテスト」〜明日美しく歩けるように実践〜
15:40〜 クロージング
16:00  イベント終了

■講師
中村尚人
「身体と心の運動に取り組み、予防医学の実現を目指すヨガ講師」
理学療法士として医療・介護分野にて臨床経験を積む中で、病気になってからよりも、病気にならないようにする事の重要性に気付き、予防医学の実現のためにヨガとピラティスのスタジオを立ち上げる。自らまとめ上げたピラティスメソッドやウォーキング法の指導者育成をはじめ、執筆活動、各種講演、日々の運動指導に携わる。
「ヨガの解剖学」「コメディカルのためのピラティスアプローチ」著、「ティーチングピラティス」監訳、他多数。
タクトエイト代表取締役http://www.takt8.com
allaboutコラムhttp://allabout.co.jp/gm/gp/1669/library/

岡部大地
本企画の主催「日本ヘルスケア協会」代表。具合が悪くなってから受診する患者さんたちを多く診療する中で、根本治療は若いうちに身体をケアできるようにすることだと感じ、ビジネスパーソンの健康作りに注力する。
内科認定医、専門:総合診療科
ブログ:http://daichiokabe.com/

■主催 日本ヘルスケア協会https://www.facebook.com/japan.healthcare.association
■お問い合わせ yahhou019@gmail.com
■後援 日本ヘルスファウンデーション協会

*************************

介護界の若手ホープ秋本可愛がプロデュースするマイプロに参加してきた!

誕生日を迎えました。

 

どうもありがとうございます。

 

母に感謝しています。

 

 

 

みなさんお元気ですか?僕は一時下がってからの登り調子です。

 

仲間のおかげです。連日友達や病院の方々に祝ってもらえて嬉しかったです。

 

一昨日は3ヶ月のマイプロの最終報告日でした。

12015027_898010096944789_584954860488005389_o

 

マイプロとは、プロジェクトを実行する手法のひとつで、僕が参加していたのは秋本可愛(通称かあいちゃん)がやっているHEISEI KAIGO LEADERS(HPはコチラ) 主催のプログラムです。

 

11949361_887163478029451_1862940684593617271_nソトコトにも掲載されました。

11938051_10206482665719916_649198682_n

僕もついでに載りました。

 

可愛ちゃんは24歳と思えないほど知的で適切な言葉をかけられて、機転も利くできる女の子です。
10478802_850413548371111_5559950988555624149_o
介護界のホープですね。

 

マイプロでは、3ヶ月間定期的に同じメンバーで集まり、個人に根ざした、個人的なプロジェクトをそれぞれ進めていきます。

 

簡単に言うと悩みを相談し、アドバイスしてもらいながら自分と向き合ったり、自分の進めたいプロジェクトを仲間の力を借りてすすめたりできます。

 

介護・医療業界を変えたいと思うけど、何したらいいか分からない。どうすすめたらいいか分からない。人に相談したい。という人におすすめです。

 

 

興味のある方はぜひこちらから。3期は10月4日からなので、ギリギリですが、滑り込みでエントリー可能です。

11048680_898010903611375_7511077608101233172_o

素敵な子ばかりでみんなのプロジェクトも応援したくなります。

 

 

 

 

ここ最近は社会起業塾のことといい、マイプロといい、長期で関わらせてもらうプログラムに参加していました。

 

ちなみに社会起業塾は2次選考で落ちました。なかなか狭き門!来年も頑張ります!

 

 

マイプロに参加して、僕は何をしていたかというと、まぁあいも変わらず予防だ健康だと言っていました。

 

が、このプログラム等を経て、

 

いよいよ動き出すことになりました。

 

まずは11月からイベントをやっていきます!

 

歩き方講座なのですが、詳しくはまた次回にお話します。

 

最近姿勢と歩き方にテンション上がってます!講師の尚人先生がすごいんです!

 

 

11月22日(日)13時〜16時 場所:都内

「ビジネスマンのための見せる歩き方講座」

 

お楽しみ要素を盛り込んであるので、正しい歩き方も学びつつ楽しめてしまいます。

よくつまずく人や歩き方が汚い人に特におすすめです!モテる歩き方を紹介します!

芋煮わんこそば会!

芋煮&わんこそば会が終わった。

10639516_753927901344941_1361856996759662669_n

文京区にあるMash up studioという素敵な場所を借りて、

10665070_753927571344974_8907372045876867938_n

 

 

東北の仮設住宅で育てた野菜で作った芋煮。

10710858_753928001344931_4927404518016174062_n

 

 

結局友達が40人、地域の人が40人くらい集まって、お椀を片手に笑っていた。

10420030_753928041344927_2679925790298409866_n

お椀の絵付けも子供たちで大盛況!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気付けば芋煮100人前も完売した。

 

ちょっとお腹が物足りないくらいでわんこそば大会へ。541544_753929094678155_7919576273637342921_n

A型、B型、AB&O型の3チームに分けて、全員参加のわんこそばリレー。

10441074_753929208011477_8950754433815308978_n

意外に苦労したり、やっぱり男子は早かったり、ワイワイガヤガヤしてくる。

10169260_753929791344752_6166903662803530113_n

 

 

思い思いに人と話しながら、今の時間を楽しむ。

 

Mashup stadioの人や主催メンバーのおかげで首尾よく、会は終了した。

10606484_753930404678024_3096754539560587613_n

遊びに来てくれてありがとう!

 

 

 

 

 

芋煮わんこそば会を通して


 

ただ自分の純粋な気持ちに従ってやりたいことをやろうとしたら流しそうめん大会という形になった。

 

今回の芋煮わんこそば会はその続きで、仲間と笑い合う暖かい場を作りたい、

 

その気持ちで作ったら、友達や地域の人も巻き込んだこの形になった。

 

どうすれば自分は満足して死ねるか?

 

大学教授になったり、社長になってプロジェクトXに出演したり、Facebookで何千といいねをもらったりとかじゃない。

 

夏休みで萩を旅してから、僕は仲間と笑っていられれば死ねると思うようになった。

 

 

仲間と笑っているために、僕は人のために生きる。

 

向きが逆なのかもしれないけど、今の素直な自分の気持ちを表している。

 

 

僕にとって仲間とは?

 

面白いやつ、時間を共にしたやつ、一緒にいて楽しいやつ、同世代で一定の価値観を共有しているやつ。

 

どうすれば仲間とずっといられるだろうか?また裏切らないで済むか。

 

正しい方向に向かって支え合うことだと思う。

 

スピノザの言葉を借りると、すべての幸不幸は自分が愛する対象の性質にのみ依存し(愛さないもののためには決して争いも起こらない)、

 

永遠無限なるものに対する愛は純粋な喜びになり、人を豊かにする。だから正しい方向に向くことがいい。

 

支え合うことで仲間も、自分も折れずに済む。

 

 

そうやって時間を共有して、一定の価値観を共にして、面白くなって、飲んで契りを交わして、悪いところも好きになれれば、一生つながっていられるんじゃないか。

 

最後は互いに離れていくけど、自然の摂理として受け入れて、人生を折りたたんでいく。

 

 

話が飛んでしまったけど、今回は本当にMashup stadioの方々にお世話になりました。ありがとうございました!

芋煮会やります。

とびっきり楽しかった流しそうめん大会に引き続き、今度は芋煮会をやります。

芋煮会って知ってますか?

e87e7a2c47f60b0ff3c4c11369d57406

 

芋煮会とは東北地方で行われる秋の風物詩。

 

河原で友達やサークル、町会などで集まって鍋を囲んで仲良くなろうというものらしい。

 

鍋っていいよね。

 

作るのが簡単なわりに素材が美味しくて、温まって、ほっこりする。

 

冬の鍋もいいけど、秋なら外でやっても大丈夫。外でやるから、その辺の人が集まったりしたら面白いなと。

 

なので通りがかりの高校生以下の子たちには無料で配って、地域の人たちも集まってくれたらいいなーと明日はみんなでフライヤーを配りにいく予定。

 

 

それから当日はわんこそば大会も開催。

 

実はまだわんこそばを食べたことがなくて、一度やってみたかった。

 

ゆるーく、集まった人たちをチームに分けて、300杯を目指して競争する。

 

芋煮のあとにやるから、ちょうど芋煮そばも食べられる。

 

ワイワイみんなで楽しくできたらそれだけでいいな、と。

 

↓告知ムービー(そうきたか!となる予想外の結末。)

https://www.youtube.com/watch?v=FcFVt1oz5UM&feature=youtu.be

 

【芋煮わんこそば会】詳細

**************************
日時:11月8日(土)12:00~16:00
参加者:40名程度+通りがかりの人
参加費:2000円
やること:道沿いで芋煮会、わんこそば大会、マイお椀作り
参加方法:下記facebookページの参加ボタンをクリック
https://www.facebook.com/events/262558563868167/
場所:mashup studio(すっごくお洒落)
〒113-0034 東京都文京区湯島 2-21-25 SKY ビル
JR 中央線 御茶ノ水駅より 徒歩 10 分
東京メトロ千代田線 湯島駅より 徒歩 6 分
東京メトロ丸の内線・都営大江戸線 本郷三丁目駅より 徒歩 10 分
**************************

Episode.1「東京では流しそうめんする場所がない!?」

すっきりしない天気が続いてる今日このごろ。

 

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

早く夏が来てほしい!

 

スカッと晴れた空、青々と茂る緑、涼やかに流れる水の音、竹の上を流れる素麺、狙った素麺を救い上げる・・・

 

そう!流しそうめんの季節がやって来ました!!!

 

降り注ぐ日差しに汗をかきながらも夏を楽しみたい!

 

氷でひんやり、美味しい素麺をみんなで食しましょう☆
今回からそんな納涼流しそうめん大会が100倍楽しくなる(かもしれない)こぼれ話をしていきたいと思います。

 

 

Episode.1「東京では流しそうめんする場所がない!?」


みなさんは、東京で流しそうめんをしようと思ったら、どこでやりますか?

 

家ですか?学校ですか?

 

家だと大人数では難しいし、竹から水が漏れるので、庭がないとできません。

 

学校ではできるかもしれませんが、僕たちはすでに社会人のため借りられません。

 

「公園でやったらいいじゃないの?」

 

などと甘っちょろいことを考える人もいるかもしれませんが、東京を舐めてはいけません。

 

公園で流しそうめんをするには、「占用許可」がいるのです。

 

流しそうめんをするには、竹のレーンが必要ですよね。竹のレーンは長く、広く場所を専有するため、区の許可を取得しなければいけないのです。

 

それだけでなく、流しそうめんにもう1つ必須のアイテムがあります。

 

それは、

 

「蛇口」

 

水を流し続けなければならず、蛇口を1つ貸して頂かないといけません。

 

さらに言うと、せっかく流しそうめんをするんだから、広くて気持ちがいい場所じゃないと面白くないですよね。

 

東京には公園が沢山あるんだから、探せばあるでしょ?

 

などと甘えたことを僕達も思っていました。

 

20件ほど公園管理者に電話をかけました。

 

全部断られましたorz

 

 

「蛇口を専有してはいけない。」「流しそうめんは許可していない。」「前例がないのでできません。」「上に確認しましたが、できません。」

 

いいじゃん!流しそうめんさせてくれたっていいじゃん!

 

許可なら取るよ!蛇口もみんなで使うよ!なんだったらみんなに素麺振る舞うよ!

 

と思ったんですがね、ダメなものはダメという大人の理屈ってやつですね。

 

 

 

そんな中、1つ快くOKしてくれる公園がありました。

 

「前の子たちはすごーく長いの作ってたよ。君たちもやっていいよ。」と。

 

優しい!公園はこうでなくちゃ!

 

でもそこは、

 

千葉県でした。。。

 

ちょっと遠い。僕達は東京在住。みんなに来て欲しいのに車で3時間の距離は遠い。
結局、うちの近くの公園を思い出しました。

 

「あ、あそこそういえば、蛇口あったな。」

 

「そういえば、先着順で広いスペース使えたな。」

 

「新宿から電車で15分、アクセスもいいやん。」

 

「ここでいいやん!!!」

 

と決まった場所がココ。

1311701007_51

赤羽岩淵緑地公園。

 

広くて川沿いで、みんなが好きにテント張ってBBQなどをしている場所。

 

 

しかし場所を見つけるので一苦労でした。

 

流しそうめん大会はちゃんと開催できるのか?Episodeはまだまだ続きます。どうぞお楽しみに!

 

10456814_671408662942164_2591925980129445195_n
【夏の風物詩!納涼流しそうめん大会 in 赤羽】
*******************
詳細
日時:2014年8月3日 11時~16時(雨天中止)

場所:赤羽岩淵緑地バーベキュー場 東京都北区岩淵町23-45
電車でお越しの方
  東京メトロ南北線 赤羽岩淵駅より徒歩10分 
  JR 赤羽駅より徒歩20分
車でお越しの方
  公園に駐車場があり、1回500円で停めることができます。

定員:50名
参加費:2000円(流しそうめんとドリンク)
    浴衣で来たら500円引き
流すもの:素麺、ラーメン、プチトマト、桃など。また、ご自分で流したいものを持参は大歓迎です!(※あなたの黒歴史や元彼への想いを水に流すことはできませんので、ご注意ください!)
参加条件:以下のfacebookページ参加ボタンをクリックしてちゃんと来ること
https://www.facebook.com/events/334861279998115/
*******************

ではでは、8月3日、赤羽にてお待ちしております!
主催:【季節感じ隊】
【季節感じ隊】は、せわしない東京の喧噪の中でも四季を感じられる機会をつくり、楽しむ有志の集まりです。

Sexy?笑い?スタジオ?楽しく続けるために。

以前の記事(ビジネスマンのための健康づくり)でも書いたが、

 

健康推進コミュニティという団体があり、その「フューチャーセッション」なる会に参加してきた!

 

 

「どうすれば楽しくスポーツや健康づくりを続けられるか?」

 

というテーマをグループに分かれて話し合ってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろんなアイデアが出たところが面白かった。

 

 

 

 

Sexy✕健康

sexy-celebs-george-holz-13

健康=Sexyなら、ぜひ健康になりたい。(写真はコチラより)

 

 

笑い✕健康

189874p

統合失調症とお笑いを掛け合わせることだってできる。だったら健康も。(お笑いコンビ「松本ハウス」のハウス加賀谷。写真はコチラより)

 

 

デザイン✕健康

ora121006_tokyuhands-03

渋谷にある東急ハンズは階段にすべてカロリーが表示してある。階段が使いたくなる。(写真はコチラより)

 

 

などなど。

 

 

今回は第二回だったんだけど、第一回目の話し合いが派生し、実際にスポーツスタジオができたそうな。

 

スクリーンショット 2013-12-07 19.05.17

Wing Sports House

 

 

1つの施設に総合格闘技、ジャズダンス、美背中エクササイズ、運動スキル開花塾などの多くのプログラムがあり、

 

地元の人がよく通る道にガラス張りのオープンな空間で、地域に根ざした運動の場を提供する。

 

月額子供6000円、大人8000円からで、僕に子供がいたら一緒に行きたいと思った。

 

立ち上げた方はガンバ大阪でトレーナーをしていた指導のプロで、実際に簡単なストレッチを教えてもらったが、とてもよかった。

 

プロに教えてもらえるってやっぱりいい。

 

上手になるのが早いし、その後自分でやるにしても正しいやり方でできるし、こういう所だと交流もある。

 

お金を払ってスタジオなどに通うのも継続の1つの秘訣かもしれない。

 

荒川区町屋にあるので、興味がある人はコチラ→Wing Sports House