カテゴリー別アーカイブ: 個人的な考え

自分にしかできないことなんてないと

誰もやっていないこと、というのは難しいのかもしれない


先日日本健康会議2017に参加してきて、今更ながらそんなことを考えました。

健康経営銘柄の必要性を自分で1年ほど前から考えていたら、この日本健康会議が行い始め、企業向けに色んな健康サービスを考えていましたが、いよいよ日本全国で成功事例が増え始め、ヘルスケア領域で自分でしようと思ったことは、どんどん誰かがやっていくのだと思い知らされました。

ただ必ずしも誰もやっていないものを作る必要はありません。

海外の製品を輸入することや、何かと何かを合わせたものが売れることは多々あります。

逆にGoogle glassなど、全く新しいものは受け入れられていなかったものもあります。

全く新しいことにこだわらず、むしろ少しは誰かがやっていることでも広まっていないものであれば、自分たちのバリューを乗せて売り出してもいくのもよいのだと気付きました。

 

「自分にしかできないこと」にこだわっていた


最近自分にしかできないことなんてないんじゃないかと悲観していました。

自分がやらなくても社会はヘルスケアの発展が進むとか、自分が医師として働かなくても色んな力が働いてその人は助かっただろうとか、宇宙的視点で見れば大して何も変わらないとか考えて、コンプレックスになっていたように思います。

親や家族に対してできることなど、小さな範囲で言えば自分にしかできないことは必ずあります。

きちんとそういう目で見つめればあります。

ただ社会に大きな変革をもたらすような「自分にしかできないこと」をいきなり行うのは難しく、自分のスキルを磨き、できることを少しずつ深めたり広められれば、自分にしかできないことが大きくなるでしょう。

ちょっとずつだろうし、自分がどこまでいくのかは分かりませんが、一歩一歩やっていくしかないと思います。

いつも自分は本当に天才じゃないと思い知らされますが、10000時間かけると天才になるとも言います。

そんな夢中になれることがあるのか?と自問したら、私にはありました。予防ですね。

 

「歩き方」が予防に重要


今は予防の中でも、腰や膝の痛み予防に取り組んでいます。

身体の痛みは、バイオメカニクス的に複雑なので、一つの病気に対して原因がいくつもあります。

数学の問題では答えは一つですが、身体の痛みの答えは人によって変わるわけです。
痛みの原因の一つに「歩き方」があり、現在その歩き方を解析するスマートヒールを開発しています。

現在スマートヒールの実証実験中で、その結果しだいでスマートヒールがいけそうか、そうでもないかが分かるというところにきています。

スタートアップのやりたいことと社会に受け入れられるものとを合わせることの難しさが分かってきましたが、なんとか未来につながる次の一歩をしっかり見極めてやっていこうと思います。

 

身体にまつわる役立つ情報はコチラ(ジャパンヘルスケアのブログ)で書いてます。

研究発表では大局と論理をつく

昨日は大学院のゼミに出席していました。

 

うちの教授は本当にすごいです。

 

院生たちの研究発表に対してのコメントがあまりにも的確で驚かされます。

 

その上気さくで、丁寧に改善案までその場で出してくれるので、

 

院生たちの間では、研究発表での指導は「公開肩たたき」と呼ばれています。

 

 

昨日のゼミでは14時〜21時までと非常に多くの方のプレゼンを拝見させて頂き、近藤先生のように指摘できるようになるにはどうすればよいのか考えました。

 

これまで私が見聞きしてきた講演などでは、「聞き手に伝わること」に最も重きを置かれることが多かったように思います。

 

そのためSUCCES (simple, unexpected, concrete, credible, emotional story; シンプルで予想外で具体的で信憑性があって感情的なストーリー)を意識していました。

 

しかし研究発表においては、学術的に間違ったことを言ってはいけないことが重要です。

 

間違った研究は社会を間違った方向に導いてしまうことになるからです。

 

そのためcredibleにあたる論理的であるか、本当にそう言えるのかを徹底する必要があるのだと思いました。

 

また枝葉末節のことではなく、大事なところを深掘りしなければなりません。

 

研究発表では、大局と論理をつく。

 

今後発表する際は、一つ一つ論理が成立しているかを考えていきたいと思います。

 

また人の発表にアドバイスする際は、大局と論理をついた上で、改善案を出せるようにしたいと思います。

岡部大地、変わります。

臨床どっぷりの4年間は、

 

「病院での仕事の傍らで、自分の活動もなんとかやる」

 

ということに専念し、自分の身体を無視して動いていました。

 

私はアトピーもちなので肌は荒れる一方でした。

 

自分なりに頑張ってはいても、ストレスがあったら痒くなるし、当直後は大抵ズタボロになっていました。

 

以前に書きましたが、人は想像以上に見た目で判断しているので、

 

衣服には気をつけるようになりました。

 

でもそれ以上に磨くべきなのは、

 

「自分自身」

 

ですよね。

 

 

大学院に入った4月から時間にゆとりができたこともあり、

 

自分自身に、ものすごく目を向けるようにしてます。

 

お酒は大好きですが、私の場合肌によくないので禁酒したり、歯の手入れをきちんとするようになったり(来週奥歯抜きます)、夜更かしや寝落ちしないようにしたり、自分の気分を大事にして行動したり。

 

サーフィンで波に乗りたいこともあって、細々とパドリング筋は鍛えていましたが、

 

女性は、「筋肉」が好きだということを聞き、無駄のない所まで行ってみようと思います。

 

時間もあって、予防医学の専門家として行動変容を熟知しているため、100%成功する自信があります。

 

そんなわけで7月には見た目もだいぶ変わっていると思いますが、今後とも岡部大地をどうぞよろしくお願いします。

 

S__209281026なおピクニック好きは一生変わりません。

研修医は借り宿

研修医のときはどこも借り宿だったから、「ここは自分の居場所じゃない」と思っていても間違いじゃなかった。でも今は完全に、総合診療科にせよ内科にせよ、外来にせよ病棟にせよ、こうやって患者さんを診ていくことに違いない。

 

この現場でどうやっていたいか、それをもう少し真剣に考えてみようと思った。

 

 


 

 

初期研修医という仮宿生活を終え、内科医として4ヶ月が経ち、だいたいどんな感じで内科をやっていくのか見通しがついてきた。真剣に考えれば、だいたいの予想がつく。

 

ただ内科医といっても、開業した若手の先生や奔走する教授、ワークショップをする中堅の先生、案外医者の道は数多くある。

 

 

なぁ、どれを自分はしたい?

 

 

ゴチャゴチャと、

 

クリエイティブなことしたい!イノベーションを起こしたい!キラキラ輝いていたい!人と違うことをしていたい!笑っていたい!ワクワクしていたい!嬉しい事をしていたい!

 

とか思ってしまう方だから、現場に飽きたらず+αをやろうとする。

 

+αに時間をかけすぎると、日進月歩で世界最先端の治療が田舎でも学べる現代では、現場で腕を磨いておかないと少しづつ鈍っていく。知識は古くなり、錆びていく。

 

だからと言って現場で医療ばかりしていると何も起こせない。+αのことにたっぷり時間をかけてあげないと爆発点まで辿り着かない。

 

要するにA or B。

 

医療をやりながら、別のプロジェクトをすることが難しい。

 

今まではなんとかAもきちっとこなしつつ、時間を削りとるようにBに使ってみようとしてきた。

 

でも少し思ったのが、Bも具体的に言うと健康や医学教育などを想定していて、医療に関係する。

 

Aからはギリギリまで時間を削ることばかり考えて、
家ではBのことばかり考えていた。

 

 

 

お前、その仕事は好きか?

 

 

 

精一杯なのも分かるけど、

 

 

A(医療現場)の中でクリエイティブなこと、イノベーション、キラキラ輝くこと、人と違うこと、笑うこと、ワクワクすること、嬉しいことを考えたか?

 

 

AでもBでもなく、Cを取るためには、AもBも両方とも組み合わせて考えないといけないんじゃないか?と。

 

 

Aをこなすのではなく、Aを存分に楽しみながら、Bに活かす。 

 

 

そんな風にできれば、自ずとCを掴めるのかもしれない。

 

そんなことを思った今日このごろ。

 

まだまだ思索途中。

どうカバーするか?あなたも2つのタイプに分けられる。

introvert-and-extrovert-personality-test

人は大きく2つのタイプに分けられる。

 

内向的か、外向的か。

 

そう提唱して心理学界を大きく揺るがした「ユング」。

 

子供に対して「彼は内向的な子だ」とかよく聞く言葉だが、その言葉を普及させた精神科医だ。

 

そんなユングの心理学的類型を読んで、学び、気付いたことがある。

 

31SY0Hbfu1L._SL500_AA300_

ユング「心理学的類型」 オススメ度★★★★★

 

 

 

人がタイプとして2種類ある


著書では細やかなタイプに対する描写が秀逸で、本当に人の心理を的確に言葉にしている。

 

簡単に内向的・外向的タイプの解説をざっくりまとめると、

 

内向的な人、つまり落ち着いた態度、時には批判的で、辛辣で読み取りがたい性格。通常は自分の感情をしっかり手元で抑えていて、自分で活動させ、思想を理解するのが好きな人。無意識のうちに人を慰め、思いやりがある。固定した感情と考えを持っている。それと同時にカオス的、情熱的な情動生活を携えている。それを自らが知っているが、抑えられない。仕事面では自分の仕事をしあげてしまうと、気前よくそこを立ち去る。自分のはじめた仕事が自分の手にかかって駄目になっていくのを見るよりは、それが他人の手で繁盛するのを見る方を好む。正しいか正しくないかや目的にかなっているかは考えず、社会の期待に逆らっても自己を誇示しようとする。

 

外向的な人は敏捷性と便宜主義が強い。物事を管理することを好み、社会にとっては極めて有益な存在であることが多く、全力をあげ率先して社会を指導する。新たな理念を生み出したり、新しい道を切り開いたりすることは少ないが、それに従ったり、理解したり、実現することはすみやかにできる。家では社交場で見せたものとは全く別の性格をみせる。禁欲を好む傾向はなく、家では冬であり、社交場が夏である。外向タイプの主要価値は自分自身にあるのではなく、他者とのあいだの相互関係にある。自分の精神や健康を顧みないという著しい犠牲を払った上で適応能力を高める。

 

このように内向的・外向的に分けられるのは適応の過程で生まれたのだとユングは説く。

 

生物として、生きる術として根本的に異なった2つの道があるというのだ。

 

1つは個々の個体のもつ防御力や寿命は比較的乏しいが、生殖力のほうは旺盛であるというもの、もう1つは生殖力は比較的乏しいが、個体が様々な自己保存の手段を備えているものである。

 

つまり攻撃と防御に例えやすい。

 

男子に分かりやすく言うと、ドラクエでも戦略として攻撃力を高めてガンガン戦う方法も1つだし、回復や防御力を高めていのちだいじに戦うのも1つということだ。

 

非常にシンプルで、生物学的にも納得がいく。

 

 

 

無意識はタイプを補完する


ユングのタイプ論は、内向的・外向的などに分類だけに留まらない。

 

内向的な人と外向的な人はそれぞれ全く別なのではなく、内向的な人も必ず無意識の中に外向的要素を持っており、補完するようになっているのだ。

 

外向的な人も必ず内向的な要素を持っている。

 

人はみな自分のタイプではない無意識の傾向とどのように関わり、それを取り入れ、どのように統合していくかという課題を持っている。

 

意識の一面性を修正し、これまで意識的に生きてこなかったものと直面し、それを統合していくことこそ、ユングは「個性化の過程」と呼んだ。

 

ユングはこころの中の様々な対立するものを示し、人は意識的に生きてこなかった側面を統合していくものだと提唱した。

 

心理学的類型論では内向的・外向的に分けたのち、さらに思考・感情・感覚・直感のタイプに分けて解説されていく。

 

 

 

僕は情動を抑えていた


外向的な人は情熱の度合いが少ない。

 

僕も外向的に分類され、嬉しいとか、楽しいは表現するが、相手に合わせられる分、自分を犠牲にする傾向にある。自分が我慢すれば済むことは相手に遠慮してしまう。

 

感情に対しての動きを抑えがちで、人の目を気にして、見栄っ張りだ。

 

 

僕は自分のやりたいことをやってきたつもりだったが、そうではないと気付いた。

 

「自分のやりたいこと」すべてではなく、「自分がワクワクすること」に対してのみ純粋だった。自分の感情や細やかな配慮はしてこなかった。

 

しかし、情動を抑えて適応することが悪いことではなく、自分の長所だ。自分の長所を伸ばしつつ、うまく自分の感情に配慮することを考えないといけない。

 

 

人と自分では得られるスキルが違う


僕は人の違った感性によく感動する。なんでそんな風に感じられるのか不思議なことが沢山あって、いつもどうしたらそんな風に気付けるのか、常に他の人が感じ、考えることを自分でも網羅しきろうとする傾向にあった。

 

そこまではよいとして、その考えから得られるスキルが違うのに、自分で人が持っているスキルをすべて身につけようとしていた。できていない自分が悔しいし、人を羨ましく思っていた。

 

 

しかし、人によって大きく戦略が2つに分けられるし、そこから得られるスキルは違う。

 

再度ドラクエ風に言うと、職業を選択した際にレベルによって覚えられる技や魔法が違うようなものだ。

 

手広く浅くスキルを覚えるよりも選択した職業を極めていく方が強い。

 

弱くなりがちなスキルがあっても仕方がない。気付いた時にうまく補完しつつ、自分の攻撃力を高めることだと腑に落とすことができた。

 

 

 

おわりに


その他にも自分とは異なるタイプの考えを深く知ることができ、よい学びがあった。

 

違いを知らないことは恐怖だ。

 

違いを知らないと何を考えているのか分からず恐怖を覚えて、距離を置く。

 

タイプの違いを知ることで許すことができる。

 

心理学は非常に実用的な学問で面白い。

PTの友人と話をして感じた違和感の答え

ここ最近はPT(Physical Therapist; 理学療法士)の友人と会う機会が多く、違和感を感じることがあった

 

 

その友人たちは大手企業をやめてPTになる道を選んでいたり、自分の心にまっすぐで、とても賢い。

 

「なんでPTになろうと思ったの?」と強く疑問を抱いた。

 

彼女たちは、会社で数字で結果が上がってくるよりも、1人の患者さんから直接ありがとうと言ってもらえることで心から嬉しいのだそうだ。

 

僕の中で何かがつっかかる。

 

「それで本当に満足できるの?」

 

 

僕は社会的インパクトを追い求めている 


分かったことの1つは、僕の場合、もっと社会的インパクトのあることがしたいと思う。

 

 

1回の人生、できればもっと面白いこともしたい。

 

 

僕の場合の面白いとは、広く人のためになる可能性をもった活動を実践することだ。

 

目の前の患者さんを診療し、よりよい人生を歩めるようにサポートし、感謝されたらもちろん嬉しい。

 

診療をする中で着実と人のためになることができる。がしかし、拡大して人のためになる可能性に欠ける。

 

だから、僕は単に医者の仕事をしているだけでは満足できない。

 

共通認識が多い友人と、満足できるポイントに違いがはっきりあることを感じた。

 

 

 

 

さらに深層にあった違和感の答え


もう1つ気付いたことがあった。それは、いつも感じていた感覚がないことだった。 

 

その感覚とは、優越感とそれをできるだけ隠す自分の心の動きだ。

 

すごいよねと言われることが多い医者ではなく、積極的に僕の友人はPTを選んでいる。

 

病院の中でいると、PTよりも医者の方が偉いという感覚が生まれる。年上のPTさんから先生と呼ばれるし、指示を出すのも医者だ。

 

それなのに、僕の友達はPTを選んでいる!

 

医者を羨んでいるわけじゃない。その奥にある、僕が自分の優位性を感じられていないことに違和感を覚えていたのだ。

 

それはつまり、僕が医者であることに奢っていたことを意味する。

 

確かに医者は素晴らしいことをしているし、世間体もいい、病院内での立場も高い、テレビでも専門家といえば医者で、給料もいい、命に深く関わる部分なので頼られる。

 

イノベーションを起こしたい僕には人を巻き込む力が必要で、医者であることは武器になる。

 

そんな武器に頼って、優位性を保とうとしている。

 

しかしそれではイノベーションは起こせない。

 

医者が偉いんだと誇示してしまうと、客観的によいものを評価できなくなる。そうすればいいものを取り入れることができなくなるからだ。

 

それぞれの職種の現在の役割、思い、潜在的なニーズなどをしっかりと見極めることがよりよい医療を築く一歩だ。

 

頼るものが肩書きしかないほど、医者であることを誇示する。

 

 

医者という肩書きに頼らない、自分の強さを身につける必要があると分かった。

とてもシンプルだった。1人でいたい時がある理由。

alone-in-town_00443075

 

なんで1人でいたい時があるんだろう?ただの生物なのに。

 

生物学的には、集団で生活しているのが人間だ。別に1人で何かしないといけないわけではなかった。

 

だけど、僕は人と会いまくったりすると必ず1人になりたくなる。

 

1人でいる時間をわざわざ作っているともったいない気がして、なんとかならないかと考えた。

 

 

「1人でいるメリットとは?」

 

1人でいると整理ができる。

モヤモヤが解決する。

大事な決断をしっかり考えることができる。

悩んだまま走らなくて済む。

自分なりの結論に至ることができる。

 

 

逆に誰かといる時は、

気を使ってしまう。

その人がつまらなく思っていないか、その人を楽しませないと、などと思ってしまう。

 

 

つまり自分に集中したいということ。

 

 

僕は、あまり即断ができない。わりと、ちょっと悩む方。

 

薄っぺらい発想で考えずに、自分の奥底の考えに触れようとしている。U理論でいう「源(source)」に辿り着こうとしているわけだ。(U理論

utheoryfirstview

 

深層の部分から答えを出そうとすると、即断ができない。

 

 

 

だから、僕は絶対に1人でいる時間を作っている。

 

その理論が正しいとすると、

 

友達や家族とでも、①うまく一緒に深層に触れることができたら、②全く気を使わなくていい人とだったら、③自分の深層の考えにすぐに辿り着けるようになったら、1人じゃなくてもいいのかもしれない。

 

 

自分に負けて、負けても、次負けるとは限らない。

thai_boxing_01

「あの人には敵わない。」

 

「私にはあんなにうまく弾けない。」

 

「仕事はこのくらいにしておこう。」

 

自分の限界を、作っていないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、

 

 

自分の限界を超えたい。

 

 

 

今自分にできそうもない所に目標だけ先に投げて、

 

それをなんとか掴もうとする。

 

そのために、自分の殻をもう一枚破る。

 

 

新しい自分に出会える。

 

 

自分を高めて、もっと面白いことをしてみたい。

 

というか自分の夢を実現させるには、今の自分では歯がたたない。

 

社会で上の立場にいる人達もそうやってきたんだ。

 

 

 

自分ができること以上の作業を自分に課す。

 

そうするのは、自分が弱いから。

 

できそうだという余裕があると怠けてしまう。だからこんな方法を取っている。

 

 

ちなみにこれには名前がついているらしく、「学生症候群」と「パーキンソンの法則」と言う。

 

「学生症候群」:作業時間に余裕があると、ぎりぎりまで着手しなくなること。

「パーキンソンの法則」:見積もりより早くタスクが完了しても、前倒しで次のタスクに着手する事が無いこと。

 

スピード感を持ってできるように自分を仕向ける。

 

 

限界を作る自分を、乗り超える。

自由にする範囲を決めるといいかもしれない。

img10033395971

こんな綺麗な海が近くにあったら最高だ。

1人でいても気分は最高だし、誰かと遊ぶにも最高だ。

僕は海が好きなので、それに存分に応えてくれる。

自由だ。

できる限り自分の気持ちに素直に、自分のやりたいこと、叶えたいことをずっとやっていられたら幸せだ。

すべてが自分の自由にできたら、なんて幸せなんだろう。

 

でもすべて自由なんて物理的に無理だ。

なんで沖縄に住まないのかを考えれば分かる。

沖縄に住むと職場は限られたり、友達と会うのも大変だし、他にやりたいことができない。

だから、すべて自由にしていようと思ってもよくない。

それに自由は制限の中で生まれるものでもある。

 

そうすると結局今のままでいいのではないかという気持ちになる。

でもそれでは楽しくない。

自由でいられるほど楽しい。

 

だから、範囲を決めて、ここだけは自由にしまくる。

ってすると面白そうだ。

それは僕にとって健康。

健康に関しては、全力で自由に、自由が制限されている現状には敏感に反発し、追い求めていきたい。

2014年の岡部大地の抱負は、3本柱。

今年も抱負を立てよう。

 

2013年は始動の1年だった。

 

医師として、いろんなことが始まった。

 

今年はそれを加速させる。

 

 

夢だけ先に放り投げよう。

 

 

夢に期限と数字を設けて目標にする。目標を公言して誓いにする。

 

 

孫正義はこう言った。

 

20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を最低でも1000億円貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に引き継ぐ。

 

19歳、米国留学中に掲げた言葉だ。

 

 

これに習って、大きく出る。

 

 

2014年の岡部大地の抱負は、

 

2014年抱負.001

 

 

また新しく自分の部屋に掲げる。