カテゴリー別アーカイブ: つながり

伊勢志摩サミット、開催地が実は大変だった!?夜間救急の実情。

 

IMG_4823

伊勢志摩サミットの終わりがけ、夜間診療のお手伝いに行ってきました。

 

オバマ大統領や、各国の首脳がここに来てたんだ!と思うと不思議な気分でした。

 

 

サミット開催地である「志摩市」ですが、

 

実は医療が大きな問題となっています。

 

高齢化、過疎化に伴い、医師不足が顕著なのです。

 

特に大きな問題となっている救急医療について言うと、

 

例えば夜間志摩で救急車を呼んだ場合、受け入れ先は県立志摩病院しかありません。

 

もしそこが手いっぱいで断られてしまった場合、山を超えて伊勢まで搬送しなければならず、

 

その距離は、

 

片道1時間半。

 

入院しようものなら見舞いも大変です。

 

また当直の多忙に耐えかねて医師がいなくなったこともあり、夜間に県立志摩病院を歩いて来院しても受診することができず、

 

「病院の目の前で救急車を呼ぶ」

 

という状況です。

 

 

そんな志摩を救おう

 

高齢になっていく街ごと幸せにしよう、と

 

私の尊敬する先輩医師である江角さんが、

 

志摩に骨をうずめる心持ちで働きに来られました。

 

一昨年から志摩市民病院で働き始めたのですが、

 

この3月にもともと働いていた常勤の医師3人が揃って辞めてしまい、

 

たった1人、江角さんは取り残される形になりました。

 

病院自体が多額の赤字で、存続の危機。

 

あまりの赤字に潰した方がいいのではという声もあるなか、

 

江角さんが院長を務め、志摩市民病院の復興を誓ったのでした。

 

医師としては8年目。公立病院では、最年少だそうです。

 

どん底とも言える状況で、

 

江角さんは奮闘していました。

 

 

70%だった病棟稼働率を90%以上にあげ、

 

4月には停滞し続けていた経営も、上向きになりました。

 

市民病院スタッフの士気をあげるために奔走し、

 

それぞれの力を引き出しているようでした。

 

外からは学生や医療者ではない人をどんどん連れて来て、

 

「医療者じゃなくても医療はできる。人を幸せにすることが医療だから」

 

と、患者さんにネイルをしてもらったり、高校生の実習を受け入れたりしているのでした。

 

私も一昨年1ヶ月研修させてもらったこともあったのですが(原点回帰。三重県志摩での一ヶ月)、志摩市民病院スタッフは、見違えるように輝いて見えました。

 

 

すべては、患者さんのため。

 

安心して暮らせる街にしよう、

 

伊勢志摩サミット期間中だけでも、夜間の救急をやろう!

 

ということで、医学生にも看護助手として手伝いに来てもらっていました。

13268580_10209206479100519_3338596223093962803_o

学生さんたちは、わざわざ夜間救急の当直を手伝いに2時間かけて代わる代わる来ていたのでした。

 

私自身にも志があり、ずっと志摩にいることはできないですが、少しでもつながりながらお手伝いできるといいなと思い、今回志摩に来ました。

 

もしみなさまにも何か応援できることがあれば、ご協力頂けたらと思います。

伊是名島日記〜島1人の医者として〜

伊是名島に行ってきた。

 

IMG_4236

沖縄のドクターヘリ「MESH」に乗って。

 

IMG_4241

やっぱり海が綺麗!11月でもギリ海に入ることができた!

 

IMG_4252

1週間という短い期間だったので、心を伊是名において過ごす。

 

IMG_4261

伊是名JAMといって、野外で音楽をならし、ジンギスカンなどの食べ物を売っている人たちがいた。

 

IMG_4266

次の日に一緒に飲む。「オジーと一緒に飲む」ことに衝撃を受けた。ただの近くに住むオジーなのだ!

 

IMG_4276

日中は仕事。1500人の島なので一日30人くらい診る。

 

基本的には「いつものお薬を下さい+咳が出ていて」などが多い。

 

時々、

「魚の骨が喉に詰まって」→内視鏡がないので喉頭鏡で頑張って探す。

「目に異物が入りました」→綿棒で拭き取る。

「足がどんどん腫れてきて」→蜂窩織炎と診断し、抗生剤を処方。

「施設入所中の患者さんが発熱・意識障害」→ヘリで搬送。

など。

 

沖縄

診療の合間に島を散策したり、スナックに飲みに行ってオジーと再開したり。

 

IMG_4268

島のカレンダー。休肝日が一大イベント(笑)そして、高校生の修学旅行の多さに驚いた!

 

単にホテルに泊まるのではなく、地域の家々に民泊しにくるのだ。

 

仕事を手伝ったり、島の日常を体感するというもの。

 

島が潤い、若い活気も出る。高校生にとってもいい体験や出会いになる。

 

面白いビジネスモデルだ。

 

IMG_4285

大潮で海が引くと、サンゴ礁を歩けるようになる。

 

 

 

夜中にライトをつけて、歩くこと2時間。

 

IMG_4297

タコをゲット!!!マダコに、テナガ、シガイなど7匹ほど見つけた。

 

IMG_4290

島一番の名人に連れて行ってもらった☆

 

IMG_4299

採れたてを茹でて、そのまま食べる。中くらいの大きさのが一番うまい!

 

 

あっと言う間に一週間が過ぎた。島の色んな人にお世話になりましたm(_ _)m

 

暖かく迎えてくれて、感謝です!

 

IMG_4311

東京へ帰る前に沖縄本島で友人と再開。その友達と野外カフェへ。

 

戦争を経験したオバーが面白いという。

 

オバーと二人で海辺に飲みに行ったりもするそう。

 

車から降りる時は背負ったりもして。

 

そんなことをあんまり経験したことがなくて、なんでそうなるのか、もっと知りたいと思った。

 

 

 

 

 


 

島は狭く、人の距離が近かった。

 

離島の診療所では最先端の医療を提供できなかった。

 

でも人の距離が近いから、サポートも多くて、その人らしく暮らせる期間が長いように見えた。

 

90歳のオバーが旅館で朝ごはんを作ってくれていた。危ないからと言ってオバーから仕事を奪えば、認知症が一気に進むのは目に見える。

 

患者さんの幸せを考えた時、最先端の医療が目の前になくとも、家族や地域のサポートが最善の医療になる。

 

 

もちろんきっと悪い意味でも人の距離が近いのだと思う。

 

だけど確かなのは、「大切なつながりは近い方がいい」ということ。

 

どこにいても、大切な人を大切にしたいと思った。

スピーチする時に忘れてはいけない最も大事なこと

先日友達の結婚式があった。

 

そこで初体験を3つした。

 

1つは、余興でダンスを踊ったこと。

 

ダンスってええな。みんなで何か練習して、本番でやるってのは達成感がある。気持よく踊れたし、清々しい気分。

主役や見てくれる人たちにも楽しんでもらえていれば、これはいいなと思った。

 

 

2つ目は受付をしたこと。

 

初めてやらせてもらった。ちょっと変な気分やった。出席者から見れば僕は全くもって医者として見られてない。

数十分の仕事だし、それなりにはきちんとできたけど、医者という名の防具が取っ払われた時に妙に弱くなった気がした。

根底にはやっぱり医者の岡部大地という皮がちょっとできつつあったと思う。

でも受付するのは友人だし、別に会社の受付嬢なわけじゃない。立場に高い低いはなくて、もてなす側なだけ。

だから、ただの岡部大地として受付するなら、へたに下手に出るわけでもなく、最大限丁寧に、心から感謝を述べながら、友人の代表として相応しい仕事ぶりと笑顔を送り、気持ちよく祝うスタートを切ってもらえるように接するといいんだなと思った。

 

 

3つ目はスピーチをしたこと。

相変わらず拙かった。もう少し思いを的確に表した言葉に置き換え、流暢かつ笑いも交えて話せるようにしたいところ。

でも心を込めて話すことはできた。

つい最近の先輩の結婚式で、たかさん(という先輩)から江角さん(という先輩)のスピーチのことを聞いたら、こう教えてくれた。

「相変わらず世界平和の話だったよ(笑)でもね、結婚式のスピーチは形の整った、カッコつけたものは多いけど、心がこもっていないことも多いよね。」「えっすーのスピーチは相変わらず世界平和の話だったけど、心がこもっていたよ。」と言っていた。

確かにそうだと思った。だから次に僕がスピーチする時は心をこめようと決めていた。それを1つ経験することができた。これからもそれだけはきっちりやっていこうと思う。

 

みなさんももしスピーチをする機会があったら、ぜひ心を込めてみて下さい。

「心よりお喜び申し上げます」と言う時に心を本当に込めてみて下さい。

そういった積み重ねでその場の人たちみんなの心が暖まり、素敵な結婚式になるといいですよね。

原点回帰。三重県志摩での一ヶ月

毎日楽しいなぁ!

 

いろんな人と出会い、再会し、刺激的な毎日を三重県志摩市で過ごしている。

IMG_3260 

志摩は魚が本当に美味くて安い。

 

生まれて1番美味いと思った大トロが一貫150円やし、

 

こないだは伊勢海老2匹を1000円で食べてしまった。

IMG_3246 

東京みたいに建物が高くないから、朝日を浴びて通勤して、病院からは海が見える。

 IMG_3309

 

 

僕が今回三重県に戻ってきた理由。

 

 

みんなも強く影響を与えてくれた人っていると思うけど、僕にとってのその人と一緒に過ごすためだ。

 

大学に入った時からの仲で、その先輩と一緒に暮らせるのも最後かな?という話になって、来ることにした。

 

 

この人は本当に規格外な人物で、常識や言い訳が通じない。

 

患者さんにまっすぐで、「街と恋をしよう!」と志摩に来た2週目で市民公開講座を開いたり、地域の各キーマンと毎日のように飲んで、マンション買って生涯ここでやりますと飲み屋で地域の人に宣言したり、メディカルメイクする人を連れてきたり、どんどん実行していってる。

 

行動が全部経験に基いていて、つながっている。

 

自分の原点みたいな人が今どうしているか、ここまでやっているというのがとても胸に響く。

 

病院でも

「大地、今のままで外来できるのか?」

「もっと患者さんに真剣になれよ、もっと、もっとだよ」

「鑑別を挙げろって言っただろ?」

とちょっぴりへこたれるくらい厳しい言葉をくれる。わりと頑張ってきたつもりなんやけど。

 

まぁ事実いるべき所に至っていない自分を痛感した。

 

ただこれができればいいんだな、と先も見えてきた。

 

 

先輩と自分の生き方を比較して、

 

僕は何かと人の意見を取り入れたがる、うまく協調して生きようとするタイプなんだなと感じた。

 

なかなか変えられるものではないけど、 

 

でも自分らしさを変えず、自分が正しいと思ったことは突き通していこう。

 

それが俺の道。

 

やるべきことがしっかり見えた。

 

あとはやるだけ。

 

IMG_3257いつもありがとうございます。年越しまで飲みますか!

 

地域の子供から大人まで集まれる空間とは?

「芝の家」に行ってきたんやけどな、ホンマよかったわ。

 IMG_3174

場作りにおいて最も大事なことは「こころ」だ。

 

つくづくとそれを感じた。

 

「入ってきた時にこんにちはと言ってくれた3人が3人とも無理せず、すれ違うかのように、だけどはっきりと言ってくれたんです」

 

「朝みんなで集まった時に、今日の調子と気分はどうですか?と聞かれたんですよ。元気ですか?と聞かれるとつい元気ですと言ってしまいがちですが、人には必ず波があって、気分もいろいろですよね」 

 

「初めて働く日、できる限り何もしないで下さいと言われました。そのおかげで挨拶しなくちゃ!などと仮面を作らないで済むようになりました」

 

スタッフとして働く女性が、そんな風に話してくれた。自然体な場に惹かれ、働くようになったそうだ。

 

僕も一言目でそれを感じていた。

 

「お?こっちは初めてで戸惑っているのに、相手は全くもって自分のままだな」と。

 IMG_3175

すごくいい空気が漂っている。

 

空間としては多機能で一つ一つに意味があるのが分かる。

 

机は椅子にもなるし、椅子の下は収納になってたり、

 

外の目線と中の目線がちょうどいい高さになっていたり。

 

一番の見どころの大きな窓では、

 

おばちゃんが外と中で話せたり、

IMG_3181 

学校帰りの子供が顔を出したり。

 IMG_3192

成り行きで次回イベントの予行演習の「みそ作り」にも参加した。

 IMG_3185

「誰でもミーティングに参加して下さい」と書いてあり、

 

「ホンマかいな?」と思っていたけど、ホンマやったわ。

 

時間があまりなくてもとりあえず空間だけ見ようと思ったけど、

 

大事なのは本当に「こころ」だなぁと教えてもらった。

 

こんな場があると思うと支えになる。

 

中身から始まった、素敵な場でした。

 

ここで何かやりたいわ。

IMG_3195

芝の家

萩trip 2nd 〜ひと夏の思い出〜

何かビッグなことをする人間になりたいと願い、突き動かされてきた。

 

そのためには環境を整えようと東京にも出てきた。

 

会社を立ち上げたり、病院を作ったり、面白いプロジェクトをする人たちに憧れた。

 

猛烈に憧れて、自分も絶対なってやると勢いもあって、焦ってここまで追いかけてきた。

 

 

 

その反面、何をやってもいいという信念もあった。

 

だって、人は生物の一種で、生きて死んでいくだけだ。宇宙の出来事からすれば本当に1人の人間がやったことで大して世界は変わらないんだ。

 

テレビが1週間騒いだ所で何も世界は変わっちゃいない。

 

もちろんその中で、歴史に名を残し、人類に多大なる影響を与えられた人もいる。ガンジーやマザーテレサ、ナポレオン、徳川家康、ニュートン、エジソンなど、まぁそこそこいる。

 

そんな人類に影響を大きく与えられる人間になりたいかと聞かれたら、そりゃなれたら嬉しい。

 

でもそうなるためには、いずれにせよ足元からなんだと気付いた。

 

 

 

You must be the change you want to see in the world. 
                Mahatma Gandhi

「世界に変革を求めるなら、自分自身を変えることだ」

 

 

 

萩trip 2ndを通じて僕が得られたこと、それはシンプルに

 

1. 仲間といること

2. 楽しむこと

 

たったこれだけだ。

 

どんなに面白そうなことも、お金でつながった人とやっていてもつまらない。

 

何をやっていたって仲間とやれていたら、最高に楽しい。少なくとも俺は。

 

仲間と心の底から楽しめるようなこと、それを探せばいい。

 

きっと縁やタイミングがあったりするから、その時々で一番いいと自分で感じたことをやっていればいい。

 

全身の感覚器を総動員して感じ取り、モヤモヤをきちんと解決してやっていたら、ベストな選択をし続けられる。

 

仲間と楽しくやっていたら、周りもついてくる。より大きなこともできるようになる。たぶん。楽しい輪にはみんな入りたがるし。

 

別に大きなことができてもできていなくても、仲間と笑っていられたら、それだけでも十分やしな。

 

 

自分がそれで幸せなら、自分以外の人も幸せになることをしたい。

 

そんな足元を見直すことができた萩tripやった。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

萩trip 2nd movie↓ こんな感じの一週間は、ひとに会った夏休みだった。

ちなみに1回目の時の学生時代のブログはコチラ。ちょっと恥ずかしい(笑)

 

研修医、卒業。

今日、研修を修了した。 

 

これからははっきりと医師の岡部大地ですと名乗ることになる。

 

学生と医師の狭間にあたる研修医は守られていた。

 

自分で責任を負うつもりでやってきたが、これからは本格的に責任が問われる立場になる。

 

まだ実感に乏しいが、大きな節目だ。

 

振り返ればこの2年は医療にぐっと枝が伸びた2年だった。

  

友達からは大地と言えば医療だよねと言われるくらい、医療に浸かりきっている。

 

 

旅・バー・ツリーハウス・コミュニティビジネスなど様々だった学生時代とは異なり、今は医療を選択し、集中している。

 

 

 

 

診療、教育、志。

 

 

枝に芽吹いた3つの蕾。

 

 

逸る気持ちを抑え、力強く咲かせるために根も、幹も、枝もまだまだ太くできる。 

 

 

 

 

 修了式を終え、2年前と同じ場所で同じように写真を撮ろうと外に出た。

 

春を目前にした桜は蕾。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この桜の木のように太く、強くなろう。

 

 そうすれば、こうやって笑顔が咲く。

PTの友人と話をして感じた違和感の答え

ここ最近はPT(Physical Therapist; 理学療法士)の友人と会う機会が多く、違和感を感じることがあった

 

 

その友人たちは大手企業をやめてPTになる道を選んでいたり、自分の心にまっすぐで、とても賢い。

 

「なんでPTになろうと思ったの?」と強く疑問を抱いた。

 

彼女たちは、会社で数字で結果が上がってくるよりも、1人の患者さんから直接ありがとうと言ってもらえることで心から嬉しいのだそうだ。

 

僕の中で何かがつっかかる。

 

「それで本当に満足できるの?」

 

 

僕は社会的インパクトを追い求めている 


分かったことの1つは、僕の場合、もっと社会的インパクトのあることがしたいと思う。

 

 

1回の人生、できればもっと面白いこともしたい。

 

 

僕の場合の面白いとは、広く人のためになる可能性をもった活動を実践することだ。

 

目の前の患者さんを診療し、よりよい人生を歩めるようにサポートし、感謝されたらもちろん嬉しい。

 

診療をする中で着実と人のためになることができる。がしかし、拡大して人のためになる可能性に欠ける。

 

だから、僕は単に医者の仕事をしているだけでは満足できない。

 

共通認識が多い友人と、満足できるポイントに違いがはっきりあることを感じた。

 

 

 

 

さらに深層にあった違和感の答え


もう1つ気付いたことがあった。それは、いつも感じていた感覚がないことだった。 

 

その感覚とは、優越感とそれをできるだけ隠す自分の心の動きだ。

 

すごいよねと言われることが多い医者ではなく、積極的に僕の友人はPTを選んでいる。

 

病院の中でいると、PTよりも医者の方が偉いという感覚が生まれる。年上のPTさんから先生と呼ばれるし、指示を出すのも医者だ。

 

それなのに、僕の友達はPTを選んでいる!

 

医者を羨んでいるわけじゃない。その奥にある、僕が自分の優位性を感じられていないことに違和感を覚えていたのだ。

 

それはつまり、僕が医者であることに奢っていたことを意味する。

 

確かに医者は素晴らしいことをしているし、世間体もいい、病院内での立場も高い、テレビでも専門家といえば医者で、給料もいい、命に深く関わる部分なので頼られる。

 

イノベーションを起こしたい僕には人を巻き込む力が必要で、医者であることは武器になる。

 

そんな武器に頼って、優位性を保とうとしている。

 

しかしそれではイノベーションは起こせない。

 

医者が偉いんだと誇示してしまうと、客観的によいものを評価できなくなる。そうすればいいものを取り入れることができなくなるからだ。

 

それぞれの職種の現在の役割、思い、潜在的なニーズなどをしっかりと見極めることがよりよい医療を築く一歩だ。

 

頼るものが肩書きしかないほど、医者であることを誇示する。

 

 

医者という肩書きに頼らない、自分の強さを身につける必要があると分かった。

松阪牛が食べられる松阪にやってきた!

松阪にやってきた!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は三重って観光できるところが多くて、

 

伊勢神宮、熊野と歴史あり、

 

志摩スペイン村、鈴鹿サーキット、長島スパーランドと遊ぶところあり、

 

鳥羽水族館、海女さん、などに観光でき、

 

榊原温泉、湯の山と温泉もある。

 

そしてここ、松阪はもちろん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松阪牛!!!!!

 

駅前にも牛がいっぱいウロウロしてるw

 

でもわざわざ松阪牛を食べに来たのではなくて、

 

今日は松阪の救急医療について市長さんたちと話しに来た。

 

今から行ってきます!

 

大阪で忘年会!スパワールドで語り尽くす。

忘年会をやってきた。

 

心斎橋で18時から始まり、有言実行ということで、朝5時までひたすら飲んでしゃべり続けてた。

 

意外と話すことってあるものだ。

 

途中スパワールドに場所を移した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

スパワールド、作りがチープすぎる(笑)

 

でもお風呂っていいよね。

 

身がオープンになるから、必然的に心もオープンになる。

 

東京と大阪でメンバーが分断されており、一部顔が見えない中でやりとりしていたが、とてもいい仲間だとはっきりした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとはきちんと目標を共有して、柔軟に進んでいくだけだ。