月別アーカイブ: 2015年10月

今日の病院でのドラマ

最近歩くのが好きです。

 

疲れてくるとうまく歩けていなかったりして、奥が深いなぁと思います。

 

下半身と上半身がつながらなくなったりするんですね。

 

筋肉を使って無理やり足を踏み出している感じです。逆にうまく歩けていると自然と足が出るようになります。

 

日常の中でできることなので、これほど効率的に健康的になれることはないですよ。

 

まさに時短!

 

 


 

今日は病院で心に残るドラマがありました。

 

悪性腫瘍の告知。

 

それも治療するかしないのか、非常に悩ましい方でした。

 

1時間半かけてインフォームド・コンセントを行い、最終的には患者さんに決めてもらいましたが、これで良かったのかなぁと余韻に浸りながらもその後の仕事をやっていました。

 

全部やり終えたあと、でもここからが僕の勝負です。

 

帰る時、キツイなぁと思う。

 

でも、ゆっくり歩いていると少しずつ気持ちも晴れていました。

 

このキツさの原因は何だろう?

 

こういう仕事+活動を行うのがキツイのか、何か今逃げていることがあるのか、仕事が大変だったのかとか考えたのですが、

 

単に寝不足だと気付きました。

 

昨日夜にキングダム最新刊を3週ほど読んでいたせいですね(笑)

 

ホント、面白いんですよ(笑)僕が唯一購入している漫画です。

 

 

話が飛びましたが、今の自分は単に疲れているんだとか客観的に分かってくると、精神論でなく、うまく対応できるなと思いました。

 

自分をよく知るとパフォーマンスがあがります。

 

ゆっくり歩くと自分と向き合いやすくてよいです。歩くの、オススメです。

 

11月22日に歩き方イベントをやるので、正しい歩き方を知りたい方など、お待ちしてます☆

 

 

 

詳細を再度転記しておきます。

*************************

 

「頑張るビジネスパーソンのための時短ウォーキング講座」

■日時:11月22日(日)13:00〜16:00
■会場:新宿村スタジオ ウェスト303
丸ノ内線西新宿駅より徒歩7分
大江戸線中野坂上駅より徒歩8分
新宿駅より徒歩20分

■対象者:美しい歩き方に興味のある方全て
■参加費:2000円(ドリンク付き)
■持ち物:室内シューズ(あれば)
■定員:40名(先着順/要予約)
■予約方法:下記予約フォームで申し込み

http://goo.gl/forms/a8zKcCN567

■内容
13:00〜 オリエンテーション
13:10〜 歩き方講義 〜正しい歩き方を知る〜
14:00〜 「ペアウォーキング」〜歩き方をチェック〜
14:30〜 休憩
14:40〜 「美ウォークコンテスト」〜明日美しく歩けるように実践〜
15:40〜 クロージング
16:00  イベント終了

■講師
中村尚人
「身体と心の運動に取り組み、予防医学の実現を目指すヨガ講師」
理学療法士として医療・介護分野にて臨床経験を積む中で、病気になってからよりも、病気にならないようにする事の重要性に気付き、予防医学の実現のためにヨガとピラティスのスタジオを立ち上げる。自らまとめ上げたピラティスメソッドやウォーキング法の指導者育成をはじめ、執筆活動、各種講演、日々の運動指導に携わる。
「ヨガの解剖学」「コメディカルのためのピラティスアプローチ」著、「ティーチングピラティス」監訳、他多数。
タクトエイト代表取締役http://www.takt8.com
allaboutコラムhttp://allabout.co.jp/gm/gp/1669/library/

岡部大地
本企画の主催「日本ヘルスケア協会」代表。具合が悪くなってから受診する患者さんたちを多く診療する中で、根本治療は若いうちに身体をケアできるようにすることだと感じ、ビジネスパーソンの健康作りに注力する。
内科認定医、専門:総合診療科
ブログ:http://daichiokabe.com/

■主催 日本ヘルスケア協会https://www.facebook.com/japan.healthcare.association
■お問い合わせ yahhou019@gmail.com
■後援 日本ヘルスファウンデーション協会

*************************

稲刈りに行くという現象がなぜ起こったのか

10537023_10206178162185797_8496392933137078598_nなんで稲刈りに来たんだろう?

 

僕は稲を刈りながら、自問自答した。

 

「こんなんコンバインでやったらいいやん!」

 

「ちょっとだけ稲を刈ったところで誰の食卓にも貢献せーへんし、農業で食っていく気はさらさらないし、何で僕はこのイベントに参加したんだろう?」

 

一昨日、2011年から都会の若者が農業や食に触れるきっかけ作りをしている底上げ農業部という団体の稲刈りイベントに参加していた。

 

その稲刈りの最中にふと浮かんだ疑問。

 

「なぜ僕は今、この稲を刈っているのか。」

 

理由を挙げてみると、「半農半Xがいいなと思ったことがあるから」「誰もが農業をやっていたら何があっても生きていけるから」「持続可能だから」「イベントが好きだから」「自然の中に豊かさがあるから」「じじいになったら畑をやりたいから」「旬で採れたれのものが美味しいから」

 

などと出てくるのだが、何かしっくりこない。

 

理性で判断していなかった。

 

日を置いて何回か問い直した時に、ようやくその答えらしきものが見つかった。

 

それは、「慣れ」だ。

 

単純に僕が農業というものに慣れているだけだ。

 

ハードルが全く高くない。汚れるとかよく分からないとか知らない地域の人と話すのが恐いとか虫が嫌いとか全く気にならない。

 

メリットもよくよく知っている。

 

田舎の静かな空気を吸うことができ、草木の虫を見つけたり、土に足を取られたり、自然を味わえたりする。

 

鎌で稲を刈る時は五感で体感しながら稲刈りをする。こうやって丹精込めて作物を作っているんだなぁと農家の人たちに思いをはせられる。作業で一汗かいたあとは、みんなで最高に美味しい料理を食べられる。

 

今まで何度となく楽しい経験をしているから、無意識的に行きたいと思う。

 

きりがないほど数多くのメリットがあり、慣れていてデメリットがないため、

 

「友達に誘われてお茶を飲みに来た」くらいの感覚で僕が稲刈りに来るという現象が起こっていた。

 

そんな感じだ。まぁゴチャゴチャ考えたのは時々で、やってる時は楽しくやっていました(笑)

12115934_10206178164225848_845288565320423909_n

ていねいに歩くこと。

 

最近歩くことにハマっています。

 

歩くことがこんなにも面白いことだなんて考えたこともなかったです。

 

みなさんは正しく歩けていますか?

 

 


 

 

僕自身、自分の歩き方はいい方だと勝手に勘違いしていましたが、

 

研修医時代同期の友達に、「大地って歩き方は汚いよね、初めて会った時から思ってたよ。」と言われるくらい歩き方が悪かったんです。

 

靴底は内側ばかり擦れて、脱いだ靴は内側に傾いてしまっていました。

 

別に気にしていませんでした。

 

が、全くよくありませんでした。

 

よくない点はいくつかあります。

 

1.つまづきやすい。

よくつまづいていました。じじいになったら転倒して寝たきりになるリスクが高いなと自分で思っていました。

 

2.疲れやすい。

エネルギー効率の悪い歩き方をしていたので、歩くとすぐ疲れてパフォーマンスが落ちていました。

 

3.骨や筋肉に慢性的な負担をかけてしまう。

人はほとんどの時間を歩くか立つ、座る姿勢で過ごしているので、歩き方が悪いと部分的な負荷を骨や筋肉にかけてしまいます。病気はたいてい慢性的なことで発症します(慢性炎症しかり、糖尿病しかり)。高齢者のヒザ痛や腰痛、肩こりのほとんどは普段の姿勢や歩き方が原因です。慢性的な負担を体にかけないことが大事です。

 

4.モテない。

理由は下記に記してあります。歩き方がだらしないと実はモテません。

 

 

そんなよくない歩き方をしていた僕でしたが、タクトエイトというヨガスタジオを経営する中村尚人先生のプライベートレッスンを2回受けて、歩き方が変わりました。

 

一回目の時の記事がコチラ

 

一回目でも感動し、だいぶ自分で日々改善していたのですが、二回目を受けた時も衝撃的事実をたくさん知り、まさに目からウロコでした。

 

・上半身が大事だということ

・軸を意識し、体重をうまくのせること

・腸腰筋と前鋸筋をうまく使うこと

 

詳しいことは省きますが、これらがうまくできたときは、ポーンポーンと前に歩けてしまします。驚きです(笑)

 

 

教わった歩き方を毎日の生活の中で実践している僕ですが、姿勢よく歩けていると、気持ちがとてもいいです。

 

またていねいに歩くと、緩やかに焦りを解消していけるのがいいですね。急いでいると冷静な判断をできなくなりますが、ゆっくり歩けば引き返すのも造作無いですし、俯瞰的に考えられます。

 

 

これはみなさんにも伝える価値があるものだと確信しました。

 

そんなわけで歩き方講座をやります。

 

ちょっと自分の歩き方を見なおして、正しい歩き方を実践してみたいなぁと思った方は、ぜひこの機会を活用して下さい!

 

 

 

*************************

 

「頑張るビジネスパーソンのための時短ウォーキング講座」

■日時:11月22日(日)13:00〜16:00
■会場:新宿村スタジオ ウェスト303
丸ノ内線西新宿駅より徒歩7分
大江戸線中野坂上駅より徒歩8分
新宿駅より徒歩20分
http://www.shinjukumura.co.jp/map/
■対象者:美しい歩き方に興味のある方全て
■参加費:2000円(ドリンク付き)
■持ち物:室内シューズ(あれば)
■定員:40名(先着順/要予約)
■予約方法:下記予約フォームで申し込み
http://goo.gl/forms/a8zKcCN567
■内容
13:00〜 オリエンテーション
13:10〜 歩き方講義 〜正しい歩き方を知る〜
14:00〜 「ペアウォーキング」〜歩き方をチェック〜
14:30〜 休憩
14:40〜 「美ウォークコンテスト」〜明日美しく歩けるように実践〜
15:40〜 クロージング
16:00  イベント終了

■講師
中村尚人
「身体と心の運動に取り組み、予防医学の実現を目指すヨガ講師」
理学療法士として医療・介護分野にて臨床経験を積む中で、病気になってからよりも、病気にならないようにする事の重要性に気付き、予防医学の実現のためにヨガとピラティスのスタジオを立ち上げる。自らまとめ上げたピラティスメソッドやウォーキング法の指導者育成をはじめ、執筆活動、各種講演、日々の運動指導に携わる。
「ヨガの解剖学」「コメディカルのためのピラティスアプローチ」著、「ティーチングピラティス」監訳、他多数。
タクトエイト代表取締役http://www.takt8.com
allaboutコラムhttp://allabout.co.jp/gm/gp/1669/library/

岡部大地
本企画の主催「日本ヘルスケア協会」代表。具合が悪くなってから受診する患者さんたちを多く診療する中で、根本治療は若いうちに身体をケアできるようにすることだと感じ、ビジネスパーソンの健康作りに注力する。
内科認定医、専門:総合診療科
ブログ:http://daichiokabe.com/

■主催 日本ヘルスケア協会https://www.facebook.com/japan.healthcare.association
■お問い合わせ yahhou019@gmail.com
■後援 日本ヘルスファウンデーション協会

*************************