月別アーカイブ: 2016年5月

伊勢志摩サミット、開催地が実は大変だった!?夜間救急の実情。

 

IMG_4823

伊勢志摩サミットの終わりがけ、夜間診療のお手伝いに行ってきました。

 

オバマ大統領や、各国の首脳がここに来てたんだ!と思うと不思議な気分でした。

 

 

サミット開催地である「志摩市」ですが、

 

実は医療が大きな問題となっています。

 

高齢化、過疎化に伴い、医師不足が顕著なのです。

 

特に大きな問題となっている救急医療について言うと、

 

例えば夜間志摩で救急車を呼んだ場合、受け入れ先は県立志摩病院しかありません。

 

もしそこが手いっぱいで断られてしまった場合、山を超えて伊勢まで搬送しなければならず、

 

その距離は、

 

片道1時間半。

 

入院しようものなら見舞いも大変です。

 

また当直の多忙に耐えかねて医師がいなくなったこともあり、夜間に県立志摩病院を歩いて来院しても受診することができず、

 

「病院の目の前で救急車を呼ぶ」

 

という状況です。

 

 

そんな志摩を救おう

 

高齢になっていく街ごと幸せにしよう、と

 

私の尊敬する先輩医師である江角さんが、

 

志摩に骨をうずめる心持ちで働きに来られました。

 

一昨年から志摩市民病院で働き始めたのですが、

 

この3月にもともと働いていた常勤の医師3人が揃って辞めてしまい、

 

たった1人、江角さんは取り残される形になりました。

 

病院自体が多額の赤字で、存続の危機。

 

あまりの赤字に潰した方がいいのではという声もあるなか、

 

江角さんが院長を務め、志摩市民病院の復興を誓ったのでした。

 

医師としては8年目。公立病院では、最年少だそうです。

 

どん底とも言える状況で、

 

江角さんは奮闘していました。

 

 

70%だった病棟稼働率を90%以上にあげ、

 

4月には停滞し続けていた経営も、上向きになりました。

 

市民病院スタッフの士気をあげるために奔走し、

 

それぞれの力を引き出しているようでした。

 

外からは学生や医療者ではない人をどんどん連れて来て、

 

「医療者じゃなくても医療はできる。人を幸せにすることが医療だから」

 

と、患者さんにネイルをしてもらったり、高校生の実習を受け入れたりしているのでした。

 

私も一昨年1ヶ月研修させてもらったこともあったのですが(原点回帰。三重県志摩での一ヶ月)、志摩市民病院スタッフは、見違えるように輝いて見えました。

 

 

すべては、患者さんのため。

 

安心して暮らせる街にしよう、

 

伊勢志摩サミット期間中だけでも、夜間の救急をやろう!

 

ということで、医学生にも看護助手として手伝いに来てもらっていました。

13268580_10209206479100519_3338596223093962803_o

学生さんたちは、わざわざ夜間救急の当直を手伝いに2時間かけて代わる代わる来ていたのでした。

 

私自身にも志があり、ずっと志摩にいることはできないですが、少しでもつながりながらお手伝いできるといいなと思い、今回志摩に来ました。

 

もしみなさまにも何か応援できることがあれば、ご協力頂けたらと思います。

岡部大地、変わります。

臨床どっぷりの4年間は、

 

「病院での仕事の傍らで、自分の活動もなんとかやる」

 

ということに専念し、自分の身体を無視して動いていました。

 

私はアトピーもちなので肌は荒れる一方でした。

 

自分なりに頑張ってはいても、ストレスがあったら痒くなるし、当直後は大抵ズタボロになっていました。

 

以前に書きましたが、人は想像以上に見た目で判断しているので、

 

衣服には気をつけるようになりました。

 

でもそれ以上に磨くべきなのは、

 

「自分自身」

 

ですよね。

 

 

大学院に入った4月から時間にゆとりができたこともあり、

 

自分自身に、ものすごく目を向けるようにしてます。

 

お酒は大好きですが、私の場合肌によくないので禁酒したり、歯の手入れをきちんとするようになったり(来週奥歯抜きます)、夜更かしや寝落ちしないようにしたり、自分の気分を大事にして行動したり。

 

サーフィンで波に乗りたいこともあって、細々とパドリング筋は鍛えていましたが、

 

女性は、「筋肉」が好きだということを聞き、無駄のない所まで行ってみようと思います。

 

時間もあって、予防医学の専門家として行動変容を熟知しているため、100%成功する自信があります。

 

そんなわけで7月には見た目もだいぶ変わっていると思いますが、今後とも岡部大地をどうぞよろしくお願いします。

 

S__209281026なおピクニック好きは一生変わりません。

一日料理教室@コワーキングスペース

近年コワーキングスペースが増えて久しいですよね。

 

色んな働き方ができる現代だからこそだと思います。

 

そんなコワーキングスペースの一つ、「TECH LAB PAAK 」で、ユーザー向けに一日料理教室をやりました^_^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

私が今運営しているジャパンヘルスケアでは、コワーキングスペースに少し重きを置いています。

 

コワーキングスペースのユーザーにとって健康でいることはとても大事なんですよ。

 

コワーキングスペースユーザーは例えば、

 

学校や職場に属しておらず健診を受けていなかったり、

 

起業する上で体調を崩した場合起業が失敗するリスクを抱えていたり、

 

立ち上げ時は忙しいので健康に気を使う暇がなかったりします。

 

 

逆にこの人たちが健康になるとどうでしょう?

 

健康的な経営はむしろパフォーマンスが高いことを知り、

 

新しく生まれた企業がより大きくなった時、企業全体が健康的になりますよね。

 

健康的な企業が増えたら、世の中もっとハッピーだろうなぁ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAと話しているところ。

 

 

健康でいることが重要なコワーキングスペースですが、まだできて新しい形なので、仕組みが整っていません。

 

そこでジャパンヘルスケアでその仕組みを作ってしまおうというわけですね。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本格的にやりだして第一回の挑戦は、「食」。

 

みなさんは昨日の朝、昼、晩は何を食べましたか?

 

思い出すのが難しいことでしょう。

 

ちょっと頑張って思い出してくださった方は、どうですか?健康的でしたか?

 

こんなブログを読むようなみなさんなので、

 

健康的な食事がどんなものか知っていると思います。

 

が、行動していないことも多くないですか?

 

 

どうすれば、行動できるか。

 

 

それは前回もお話したように、「SDH」ですね。健康における環境を整える必要があります。

 

 

そこで、コワーキングスペースに美味しいご飯を作って食べられる環境があるとどうかなと考えました。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAみんなで作って、みんなで食べる。

 

やってみるととても気持ちのいいもので、参加者全員から「とても良かった」「またやってほしい!」とありがたい言葉を頂きました!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA栄養士による健康的な料理提供を行う「ふらりーと」さんとコラボしつつ、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA料理人の「守永江里」さんをお呼びして、行いました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAレシピは、作り食べる人のことを本当によく考えて考案して頂き、作りやすいのに驚くほど美味しい料理でした。

 

「色んな応用がきく炒めものにしよう」とか、

 

「男の家にでもありそうなみそを使おう」とか、

 

「たれを肉に絡ませつつ、ボリュームを増やすために片栗粉をまぶそう」とか、

 

「赤パプリカなんて使ったことがなかったけれど、こんなに彩り豊かなら使ってみようかな?という男性意見があったし、赤パプリカを使おう」とか。

 

そうやって思いのこもったレシピで作る料理はとても心暖まるものでした。

13242041_1732903560296997_939662512_o美味しそうでしょう?

 

意識しなくても、何かを感じてもらえたのではないかなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAホント、美味しかった!

 

 

ジャパンヘルスケアはこれからも心暖まる健康環境作りをやっていきます。

 

「守永江里」さん:instagram; mrer_gohan    twitter; もりえり。

「ふらりーと」さん:HP; https://furari.co/

とある大学院に入学しました。

4月から色々と変わりました。

 

専門医になることを諦めました。

 

まぁ諦めたのは1年ほど前ですが。

 

そして今は何をしているかというと、大学院に入りました。

 

 

千葉大学です。先進予防医学共同専攻の博士過程に入りました。

IMG_4727

その中でも近藤克則研究室でこれから3-4年お世話になります。

 

 

なぜここに入ることになったかと言うと、

 

私が今まで会った女性の中で一番人を巻き込む力がすごい、世界を変える人だなぁと思っている先輩(ドクター由衣子)と飲んでいる時に、

 

「大地くんは絶対千葉大に来た方がいいよ」

 

と言われ、巻き込まれました(笑)

 

 

いやいや、もちろん最後は自分で決めましたよ。

 

私自身、健康に関して色々と予防活動する中で限界を感じていたんですね。

 

特に1人の医師として、患者さんの生活習慣指導をしようと思ってもうまくいかないことばかりでした。

 

病気で苦しむのは70歳とかそのくらいの年代で、その前の痛みも何もない30代40代の人に、

 

「減量しましょう!」「節酒しましょう!」「禁煙しましょう!」と言ってもなかなか変わらない上に、アプローチできる人数は限られています。

 

「もっと別のやり方が必要だな」と感じていたところ、近藤ゼミに見学に行き、これだ!と教えてもらいました。

 

 

「SDH」です。

 

 

SDHとは、social determinants of healthの略で、健康における社会的決定要因のことです。

 

例えば私がずっと診ていた糖尿病患者さんを例にすると、

 

30代男性で体重100kg強だったのですが、

 

はじめは内服薬を処方しながらせっせと生活指導をしていましたが、悪化の一途。

 

インスリンも導入して、量もどんどん増やしながらも生活指導を続けました。

 

それでも悪化するので、最終的には入院してもらい、なんとか少し改善の兆しが見えたところでした。

 

その人の悪化の原因は、決してその人の「意思が弱い」からではありません。

 

原因は、「激務」でした。

 

24時間営業の職場で、バイトの学生が休めば店長の自分がなんとかしなくてはいけないとか、

 

会社命令で単身赴任しなくてはならなくなったとか。

 

そんな状況では、自分の身体をいたわることはできません。

 

 

世の中には、そういった健康を左右している要因が「個人」ではなく、「社会」にあるものが沢山あるのです。

 

収入や教育の水準なども健康に関係しますし、家の近くに緑が多いか、地域のつながりがあるか、なども関係するんですね。

 

そして、人の意思に訴えかけるよりもその人の環境を整えた方が健康になった!というエビデンスがどんどん出てきているんです。

 

 

そのSDHに関する研究発表をバシバシ出しているのが、近藤克則ゼミです。

 

JAGESというプロジェクトを動かしており、高齢者を対象に3年に一度14万人もの健康情報を集めており、これを使ったりして研究しています。

 

ハーバード大学と連携していたり、行政とも密接に関わっており、

 

なんかもう、まじでここ社会を動かしているぞ!という印象です。

 

いっちょやってやろう!って気になってきましたね(笑)

 

そんなわけで入りました。

 

頑張ります!!

 

興味のある方は、院ゼミはオープンなのでどうぞお越し下さい^_^