タグ別アーカイブ: 予防

歩き方をスマートに!酷い歩き方の最もよい改善方法

理学療法士の友達の紹介で歩き方の個人レッスンを受けに行ってきた!

 

歩き方が悪いとよく言われていた僕には、とてつもなくいい体験だったので紹介する。

 

こんなに正しい歩き方を知っている人に初めて出会った。理学療法士とは身体の動きについての医療を行っているのだとよく分かった。本質的にやっていることは医者と同じ。

 

まずは問診で①今困っていること②過去に行っていたスポーツ③ゴールなどを書く。

 

僕の場合はそれぞれ、「偏平足・すぐ疲れる・歩き方が美しくない」「中学にバスケ、高校でテニス」「ハリウッドスターのように歩くこと」だ。

 

次に骨の位置を手で確かめて骨格を確認し、どういったバランスなのか診察を受ける。僕の場合は、肩や背骨のバランスはよいが、骨盤が右回りに回旋しており、左に傾いていると分かった。自分の実態があらわにされてちょっぴり恥ずかしいが、安西先生の言うように客観的に自分を知ることは大事だ。

 

原因はバスケットで左に重心を置くことが多く、テニスで右回りに回すことが多いことだそう。過去のスポーツなんか関係あるのかな?と思っていたが、見事に合致していた。

 

原因が分かり、現在の問題点がはっきり分かったので、レッスンが始まる。診断に対する治療に当たる。

 

レッスンは足関節の矯正から始まった。正しい足関節の位置を教えてもらい、テーピングされる。

IMG_2314

続いてふくらはぎ、太ももの筋肉の使い方を順に教えてもらう。基礎から実際の歩行までの運動を分解し、シンプルなマシンを使って、徐々に歩行運動に近づけながら矯正していくのだ。

IMG_2320

IMG_2324

 

普段は全く使っていない筋肉を使うので、とても痛い。これが本当に正しい歩き方なの?おかしくない???とも思ったが、やはり僕の歩き方が間違っていたようだ。レッスン前後で動画を撮っておいたのがそれを証明してくれた。本当に歩き方が綺麗になっていたのだ!

IMG_2332

 

(僕にとっての)歩き方のポイントは、

1.腕を前に振る。

2.胸椎から身体を捻る。

3.サイドキックのようにつま先を外に向けてかかとを出す。

4.足裏にアーチを作る。

5.太ももがしっかり伸びるまで踵をつけておく。

6.結果、踵が上がり蹴ることができる。

 

これらのポイントを押さえることで、左右に頭が動いて腰も振って歩いていたのが、たった1時間でだいぶ改善された。

 

指導して下さったのは理学療法士として講演を広く行っている中村尚人先生。予防理学療法というものを提案しており、腰痛や変形性膝関節症といった整形外科的な痛みを予防しようとしている。

 

誤った歩き方や姿勢をしていると関節に負担をかけてしまい、40、50歳台になったころにガタがくる。opeで人工関節に変えてもいいが、そもそもよい歩き方をしていれば、先天的に病気をかかえていない限り問題は起こらないのだ。

 

僕も腰に負担をかける歩き方をしていたので放っておけば、10年後に腰痛を引き起こしていたかもしれない。

 

27年培った間違った歩き方をしていたので、一朝一夕には改善しきれないが、正しい歩き方の方が負担は少なくて歩きやすいので、うまく矯正できるそう。

 

今後は病院の廊下をレッドカーペットだと思って歩こう。

 

 

もしこのレッスンを受けてみたいと言う人がいれば、以下からどうぞ。僕は八王子にあるプライベートスタジオで体験レッスン1時間受けて、5000円。価格以上の価値があった!

詳しくはコチラから→http://www.takt8.com/

総合診療医が医療界で生き残るために必要なものとは?

個人的な話をしたり、しょうもない話をしたり、飛び飛びになっているが

 

以前の書いた記事(専門医制度で新しくできる「総合診療医」とは?特徴的な4つのスキル)の続き。

 

 

タイトルの結論から話してしまうと、アカデミックGP(General Practitioner; 総合診療医)が必要だ。

reseach

写真はコチラより

 

前の記事で総合診療医は1.診断学に長け、2.幅広い知識を持ち、3.ケアができ、4.教育が特徴的だと書いた。

 

 

これができれば医師としての使命は果たせる。

 

しかし、実はこれだけでは医療界で強く生き残れない。

 

地位を確立しないと細々と医療を行うだけになってしまう。

 

それを回避するために「4.教育の分野で力を発揮する」のも1つだが、当然のごとく大学では研究をしないといけない。

 

大学では、Publish or Perish(論文を書け、さもなくば消え去れ)と言われる。

 

 

大学とは先端を切り開いていき、既存の概念を打ち破り、未来を創造する場所なのだ。

 

しかし、総合診療医は研究にあまり向かない。

 

研究は幅を狭く、深くする方がいいからだ。

 

病気を絞って精巣がんの患者さんを100人集めて研究すれば、世界的なインパクトを持った論文を打ち出すことも可能。

 

しかし総合診療医は診る患者さんの幅が広く、個別的であり、社会的である分、インパクトのある論文を書きづらいのだ。

 

それが現状。

 

 

その現状を打ち破るのがアカデミックGPだ。

 

全員がアカデミックGPになる必要はないが、アカデミックGPの存在は総合診療医繁栄の鍵となる。

 

 

 

僕自身も研究には興味がある。

 

幅が広いからこそコモンな疾患も多く、大規模な研究ができるのではないかと考えている。

 

予防医療で、新しいデバイスを使って研究ができるのではないか、と。

 

今まで誰もやってないこと。

 

できたら面白いだろうな。

 

ワクワクしちゃうわ。

追いかけてはいけない!尊敬する人を越える3ステップ。

みなさんどうも。

 

サブタイトルが「健康の種を贈る研修医のブログ」なのに健康関連に記事が少なくてすみません。

 

温めているんです。

 

だいぶ温まってきました。

 

でももうちょっと温めます。

 

健康に関しては本気で粛々とプロジェクトを進めていて、完成したらドーンと出していこうと思ってます。

 

 

 

 

今日は僕が勝手に尊敬している先生のことを書こうかなと。

 

 

岩田健太郎

 

 

研修医でこの先生の名前を知らない人はいない。

 

37歳にして神戸大の感染症の教授となった。

 

研修医オススメ本でも紹介しているが、「抗菌薬の考え方、使い方」は研修医必読本だし、より感染症の専門的な本、「ある日、ワタルさんはエイズになった」という絵本、「1秒もムダに生きない時間の上手な使い方」という時間管理本、「構造と診断 ゼロからの診断学」という診断学の本、「Dr.岩田健太郎のスーパー指導術」という指導の仕方を書いた本まで。

 

著書は20冊以上。

 

本当にすごい。

 

かねてからすごい人だなと思っていて、講演を聞けるチャンスがあった時はワクワクして行ったが、期待以上にすごかった。

 

話が面白いし、本質をついている。

 

その講演では大学を卒業してから医学部に入学すべきだという趣旨のものだったのだが、岩田先生が話した内容は真っ向からそれを批判するものだった(何て人だ!)。それなのに笑いあり、納得し、質疑応答も盛り上がった。

 

そんなわけで僕はこの先生を尊敬している。

 

この人のように深みのあるコンテンツを発信していきたい。

 

畏れているだけでは得るものがない。この人を追い越すためにはどうしたらよいか。

 

スクリーンショット 2013-10-23 23.15.58

尊敬する人を越えるには3ステップある。

 

 

1.親しくなる

やっぱり近くに行って、その人の発想、話し方、行動を観察し、盗むのが一番だ。会う時間が長い程その人のことを考える機会も多く、得るものが多い。

 

2.分析する

尊敬する人をきちんと知る。なんとなく一緒にいてはいけない。どこがすごいのか、何をしているのか見極める。

 

3.自分に活かす

よくある失敗はその人になろうとすること。追いかけているだけでは一生追いつけない。自分と尊敬する人とでは強みが違う、時代背景が違う、仲間が違う、目標も違う。自分はどうすべきかを本気で考えて、自分の道を歩んでいかないといけない。

 

 

1.はおいおい仲良くなれたらよいが、とりあえず2からは今でもできるので、僕は岩田先生の著書を分類してみた。

 

1.専門分野(感染症、HIV、旅行感染症)

岩田健太郎: 神戸大学感染症内科版TBL: 問題解決型ライブ講義 集中!5日間
岩田 健太郎: 抗菌薬の考え方、使い方Ver.3
トラベル・アンド・トロピカル・メディシン・マニュアル
ある日、ワタルさんはエイズになった
岩田 健太郎: 抗HIV/エイズ薬の考え方、使い方、そして飲み方
感染症のコントラバーシー―臨床上のリアルな問題の多くは即答できない
リスコミWORKSHOP! ― 新型インフルエンザ・パンデミックを振り返る
感染予防,そしてコントロールのマニュアル-すべてのICTのために

2.診断学

岩田 健太郎: 構造と診断 ゼロからの診断学
総合診療・感染症科マニュアル
クリニカル・リーズニング・ラーニング

3.授業、教育、指導方法

岩田 健太郎: Dr.岩田健太郎のスーパー指導術 〜 劇的に効果が出る“教えるコツ”“教わるコツ”
岩田 健太郎: 主体性は教えられるか

4.時間管理

1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方 (光文社新書)

5.命、患者、倫理

ためらいのリアル医療倫理 ~命の価値は等しいか? (生きる技術!叢書)

6.災害医療

災害ボランティア健康管理マニュアル

7.アメリカ医療

真っ赤なニシン―アメリカ医療からのデタッチメント

 

 

こう並べてみるとやっぱり専門分野の本が大半だ。

 

幹が据わっているからこそ、枝葉も輝く。

 

僕は健康と総合診療で本を出さないといけないな。

 

今に合った攻め方でいこう。

ビジネスマンのための健康づくり

2013-06-04_0856画像は健康都市推進コミュニティHPより

 

風も涼しくなってきて、運動の秋がやってきた。

 

昨日僕は、荒川区で働く人たちに「楽しい」健康維持を提案する荒川健康コミュニティ(AKC)のイベントに参加してきた。

 

昨日のイベント内容は「初心者のためのジョギング講座」というもので、ジョギングを始めたばかりの僕にぴったりだった!

講師はスポーツクラブでマラソンのサポートをしたり、こういったジョギング講座をされている轟以奈子氏さんという方で、走る時の細かいコツを分かりやすい表現で教えてもらった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いくつか紹介すると、

・腕をふるときは肘を90°に曲げて、腰骨を磨くようにふる。
(横や縦にふるのはよくない)
・坂道を上がる時は腕を大きくふって、ギアチェンジ。
(さらに身体を前に倒すと走りやすい)
・胸から上は台車に乗っているかのように上下させずに走る。
(身体が上下すると心拍数も上がって疲れやすい)
・一本の線の左右を踏んで走る。
(一本の線の上を走ろうとすると足がぶつかるし、ガニ股もよくない)

 

ジョギングされている方は参考にして下さい。

 

 

AKCは毎月コンスタントにイベントをされていて、働く人たちをきちんと集客できているところがすごい。

お金が目的ではなく、働く人たちの健康をつくりたいという想いでやっている。

 

 

ビジネスマンたちを集めてられている秘訣は2つだそう。

 

1つが「楽しさ」

糖尿病教室で糖尿病を予防しましょうと言っても、その場に行っては自分が糖尿病であると認めることになってしまうから、そうではなく、楽しくやることを売り出さないといけない。

 

もう一つが「データ」

健康を維持することができれば、このぐらい得をするんだということをきちんと伝えると働く人たちはそういうことに敏感でやる気が出るそうだ。

 

 

実際に働く人達が楽しくやっていて、僕も楽しかった。今後とも何かしら関われていけたらいいなと思う。

 

荒川区周辺のビジネスマンや主婦にオススメ。ボクシングとスロートレーニングを合わせたレバレッジ・トレーニングや子供のための運動スキル講座、筋トレ講座、ウォーキングBBQなど色々楽しめる。

興味のある方はコチラから。

アプリを本気で作るということ

et_039
1月から始まっている予防プロジェクト。

 

八王子の高尾山で健康をトータルでサポートする旅行プランから始まり、

 

変遷を経て僕たちは今、アプリを作っている。

 

 

メンバーは6人。

 

リーダーは天才阪大医学部生。

 

メンバーはコンサルタント、歯学部生、保健師、医師と多彩。

 

それぞれが強みを活かして、期日までにタスクをこなしていく。

 

 

 

成果を持ちあわせ、話し合うたびに共鳴する。

 

思いもよらない素晴らしいアイデアが生まれ、次にやることが見えてくる。

 

これを使って本当に健康になれるのか?

 

根本から問い直し、作り変える。

 

それを繰り返し、半年間続けてきた。

 

 

 

ようやく、

 

イラストを外部の人に委託するところまできた。

 

 

描いたものがカタチになっていく。

 

 

ゴールが見えてきた。

 

 

自分たちの熱を確かめて、日々に落とし込んでいく。

 

 

道のりはまだ、もう少し。

初ランニング!

1011384_499325690150463_1944590202_n初ランニング行ってきたで!

今健康のステップ作りをしていて(予防医療プロジェクト)、僕はモチベーション作りを担当している。

運動の部分は僕の担当ではなくて、自分たちでステップを作っておきながらも運動はまだやっていなかった。

 

「そろそろやらなくちゃな」って思ってたし、

 

自分たちの作ったステップを自分で試すことにした。

 

出だしは好調。

 

服や靴を揃えてひとつずつやっていくと、つい走りたくなってしまった。

 

俺たちが作ったこのステップ、やっぱりいいなぁ(笑)

 

なんてね。やばいやばい。

 

ランニング行ってたせいで今日のタスクが終わらない(苦笑)

 

明日頑張ろう!!!おやすみなさい。運動を始めるコツはまた今度書こうかな。

 

ワクワクドキドキ、内科始まりました。

久しぶりの内科4fがスタートした!

 

1年目の時に一番辛かった想い出のある場所だ(笑)(今日も門出。

 

でも本当にいい先生andスタッフさんたちばかりで、楽しかったのもココ。

 

今日は入院患者さんが入った。腰痛の患者さん。めちゃくちゃ痛がってる。

 

しかも心不全、呼吸不全、貧血、SIRS、電解質異常、腎機能異常なども伴っていて、

 

問題点は15個!

 

どこから手をつけたらいいのか分からない!点滴も入らない!「ダメだ俺」と途方に暮れたけど、

 

チームの先生たちのおかげでどんどん原因がはっきりしていき、一段落ついた。

 

3年目の先生がすごすぎる。いつもあんなにチャラけてるのにwあと1年でここまでいけるとは到底思えない。。。

 

 

 

1つ1つの問題に対して対応できるからこそ、地域に出て行っても対応できる。

 

それができてこそ自信を持って予防ができると思うので、この内科でもぼちぼち頑張っていこうと思う。

 

 

2013年、岡部大地の中間報告①

2013年初め、

 

予防医療の日本一になるにはどうしたらいいかと考え、

 

 

これができていたら途中経過として自分でも納得できるという

 

6つの目標を設定した。(予防医療の日本一になる!

let0001-001

 

 

再掲すると、

①健康に関する本、雑誌、論文を100冊読む。
②ブログ記事を100個上げる。
③講演や勉強会などの活動を10個やる。
④新規事業を1個立ち上げる。
⑤新聞や雑誌に1つ載る。
⑥10000人に健康の種を蒔く。

 

 

 

 

1〜3月+αでの経過を報告する。

 

 

 

 

 

ジャカジャカジャカジャカ…

 

 

 

ジャーン!!!

 

 

 

中間報告①

①本、論文:29冊
②ブログ:33記事
③活動:1回
④新規事業:0.3(準備中)
⑤新聞:0
⑥健康の種:?

 

 

数字だけ見るとまずまず!?

 

ただし健康関連本・論文は、知識よりも今の僕に必要な実践力を養うものを読んでいて、それもカウントに入れてる。

 

③の実際の活動が少ない。そろそろ勉強会とか交流会を開いていこう。

 

気合い入れ直して明日からも頑張らないとな。

 

 

そういえば明日は1年生と初当直だ!

 

 

一歩一歩、歩んでいこう。

思ったより多いヘルスケア産業のモデル最前線。

3月から4月にかけてのドタバタも一段落。

 

予防医療プロジェクトも再始動。

 

「健康を文化に」を(勝手に)モットーにビジネスしたいんだけど、

 

健康分野ってお金をどこからもらうのかが難しい。

 

どういうビジネスモデルにして、誰に売ればよいか。

 

 

僕たちは理想の健康像やどんな健康介入モデルや理論があるかは一通りまとめることができたので、

 

次はとりあえず何か1つ事業を走らせたいところ。そこで、ヘルスケア産業の他の事業モデルを調べる事にした。

 

「医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出調査研究事業」に載っているヘルスケア産業の最前線をチェック

a1180_001748

 

 

東京大学から東京都健康長寿医療センター、ローソンやコナミ、千葉薬品や日新医療食品など、産学問わず、思ったより多くのプロジェクトが日本であるようだ。

 

 

例えば、淀川キリスト教業院がやっているスマートウェルネス実現コンソーシアムというものでは、駅ナカ、駅チカに疲労チェックステーションを設置し、気軽に健康状態をチェックできる環境を整備しようとしてる。

 

■事業概要

大都市に勤める・生活するオフィスワーカーなどに対し、簡単に自分の健康状態をチェックできる疲労チェックステーションを提供する。利用者は、非侵襲型の疲労チェックステーションを気軽に利用し、自己の健康状態をチェックを行い、必要な場合には、健診・人間ドックへの受診、治療の為の医療機関への外来予約等ができる。また、運動、食事ソリューション等で健康状態の改善が可能な場合には、各利用者に適した運動、食事ソリューション等をそれぞれのサービスベンダーと連携して提供する。これにより疾病に移行する前の段階(未病段階)での予防医療(先制医療)を実現する。

スクリーンショット 2013-04-16 20.39.23スクリーンショット 2013-04-16 20.39.46図は平成24年度医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出調査研究事業より

 

要するに駅ナカで、簡単に健康チェックできて、病院や健診、健康食やジムなどを紹介するという事業。

 

 

他にも40くらい事業を紹介してある。

 

 

 

ヘルスケア産業の分かりやすい図を見つけた。ヘルスケアをやっている人は必見。

スクリーンショット 2013-04-16 19.23.17慶応義塾、科学的評価に基づくヘルスケア産業を創出する基盤に関する調査より

 

円の中心が保険のきく所で、外側が保険がきかない所。

 

それぞれに運動・情報・メンタルヘルス・場/環境・摂取・計測/ものづくりに分野を分けることができる。

 

具体的には保険がきく運動は「リハビリ」、保険がきかない運動は「ピラティス」など。

 

 

 

さて、と。

 

どこを攻めようかな。

盛りだくさんすぎる一日

先週の土曜日は後輩の結婚式に有給を使って大阪に行ってきた。

 

朝から結婚式があり、みんなでワイワイしてきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新郎である後輩は医療系学生を集めて、著名な先生を呼んで講演会をやったり、交流会を企画したりしていて、その継続力には目を見張るものがある。

 

実行力のある男やなと思ってたら、なんと結婚式の当日に「最後の医療系交流会をやるので、プレゼンして下さい!」と言ってきた!

 

 

「俺はいいけど、嫁さんはいいの?嫁さんはイチャイチャしなくていいの!?

 

と、聞くと、「イチャイチャは毎日してるからいいんです」と言い、

 

「コノヤロウ!俺もイチャイチャしたいわ!」と思いながら、

 

夕方から学生さん向けにプレゼンしてきた。

 

 

 

 

 

 

他のプレゼンターはみんな面白く、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結婚式後だからこの姿で。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お互いの考えを確かめ合った。

 

 

 

孫さんと月一回会っているという経営者さんの話も聞け、僕に目を向けてメッセージをくれた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

必ずぶち当たる壁を乗り越えるためには、本気で仲間を信じ、その100倍自分を信じるんだ、と。

 

 

 

 
僕はどんなプレゼンをしたかと言うと、

 

タイトルはこれ。

IMG_0942

 

僕の研修1年目のストーリーを話してきた。

 

 

端的に言うと、僕は今研修医としての仕事と予防医療プロジェクトを両立してやっている。それに必要なスキルは=①現実化力、②感じる力、③真摯さだと結論に至った、という話。

 

 

 

鉄道みたいなレールが敷かれた医療界。

 

 

新たな道を切り開いていくには、本当に自分に力がいる。

 

 

だから今、必死になって学んで、感じて、成長していく。