タグ別アーカイブ: 健康

医療だけで考えてはいけない 〜3ヶ月の地域医療を経験して〜

IMG_1326

もうすぐ群馬での3ヶ月の研修が終わる。

 

まずは地域医療の難しさを実感した。

 

今までは大きな病院で研修していたからだいたいの救急車は取れたんやけど、今は中規模(100床)の病院で、自分1人が当直している。 救急車は断りたくないのに、自分のスキル的に無理だったり、病院のリソース的に無理だったりするのが悔しい。

 

急変しそうな人が来ないと分かって内心ホッとしている自分が悔しい。

 

困ってる人を助けたくて医者になったんやろ?

 

助けを求める手を掴まないでどうする?

 

重症の人だから逃げるってのはしたくないな。

 

悔しい思いをしたけど、ちょうど来月からは救急医療で有名な東京ベイ浦安で2ヶ月研修できる。 いいもん吸収してこよう。

IMG_1331

 

救急医療は専門医が沢山いる都会の方がいいけれど


でも外来に来る患者さんたちを見ていて、こうも思う。

 

90歳超えのおじいちゃん、おばあちゃんが本当に元気だ。

 

それは病院の医療のおかげではなく、別の要因がある。

 

90歳でも現役で仕事して、野菜食って、健康的な暮らしをしてるからなんやろうと、誰でも分かりそうなことを言ってみる。

 

すごく印象的だったのは98歳のおじいちゃん。

 

「銭はたまらんけど、関節の液はたまるんやな。」

 

とか、

 

「緑を見ているだけでいいんだ」

 

「指は曲がってるけど、心は曲がってない」

 

とか言うねん。

 

入院中のお見舞いには家族たちが、ひ孫まで連れてぞろぞろとやってきた。

 

このおじいちゃんは、素敵な人生を歩んできて、今も歩んでいる。

 

例え最先端の治療をすぐに施すことができなくても、 このおじいちゃんに代表されるようにコミュニティ全体としては元気に長生きできていたら、そっちの方がいいんじゃないか。

 

IMG_1329

野菜をもらう医師。

地域で働いていると、先生たちが野菜を沢山もらってくる。

 

それこそ毎日のように。

 

トマト、ズッキーニ、嬬恋キャベツ、桃にメロン、山ほどのブルーベリーなどなど。

%E5%86%99%E7%9C%9F-2

旬と朝採れトウモロコシは生でも甘い。

 

新鮮で美味しいし、旬で栄養価も高いし、健康的だ。

 

 

 

こういう風にいられたらな、と思う。テレビドラマみたいでありきたりだけど、お金をもらうより野菜をもらった方が嬉しい。

 

なぜなら、人として支えあって生きている感覚が得られるからだ。

 

頼りにされて、「先生食べてくださいね」と丹精込めて作った作物をもらえる。

 

僕達医師は自分の医療知識と経験を活かして、人助けをする。

 

それぞれのできることを互いのために振る舞い、感謝し合う関係。

 

診察室にいる時間だけでなくこれまで研鑽してきた時間をも共有しているように感じる。

 
 

決して特別な日ではないのだけど、かみしめるといとおしい。

 

 
信頼されている上の先生たちのように僕もこうあれたらと思う。

研修医は借り宿

研修医のときはどこも借り宿だったから、「ここは自分の居場所じゃない」と思っていても間違いじゃなかった。でも今は完全に、総合診療科にせよ内科にせよ、外来にせよ病棟にせよ、こうやって患者さんを診ていくことに違いない。

 

この現場でどうやっていたいか、それをもう少し真剣に考えてみようと思った。

 

 


 

 

初期研修医という仮宿生活を終え、内科医として4ヶ月が経ち、だいたいどんな感じで内科をやっていくのか見通しがついてきた。真剣に考えれば、だいたいの予想がつく。

 

ただ内科医といっても、開業した若手の先生や奔走する教授、ワークショップをする中堅の先生、案外医者の道は数多くある。

 

 

なぁ、どれを自分はしたい?

 

 

ゴチャゴチャと、

 

クリエイティブなことしたい!イノベーションを起こしたい!キラキラ輝いていたい!人と違うことをしていたい!笑っていたい!ワクワクしていたい!嬉しい事をしていたい!

 

とか思ってしまう方だから、現場に飽きたらず+αをやろうとする。

 

+αに時間をかけすぎると、日進月歩で世界最先端の治療が田舎でも学べる現代では、現場で腕を磨いておかないと少しづつ鈍っていく。知識は古くなり、錆びていく。

 

だからと言って現場で医療ばかりしていると何も起こせない。+αのことにたっぷり時間をかけてあげないと爆発点まで辿り着かない。

 

要するにA or B。

 

医療をやりながら、別のプロジェクトをすることが難しい。

 

今まではなんとかAもきちっとこなしつつ、時間を削りとるようにBに使ってみようとしてきた。

 

でも少し思ったのが、Bも具体的に言うと健康や医学教育などを想定していて、医療に関係する。

 

Aからはギリギリまで時間を削ることばかり考えて、
家ではBのことばかり考えていた。

 

 

 

お前、その仕事は好きか?

 

 

 

精一杯なのも分かるけど、

 

 

A(医療現場)の中でクリエイティブなこと、イノベーション、キラキラ輝くこと、人と違うこと、笑うこと、ワクワクすること、嬉しいことを考えたか?

 

 

AでもBでもなく、Cを取るためには、AもBも両方とも組み合わせて考えないといけないんじゃないか?と。

 

 

Aをこなすのではなく、Aを存分に楽しみながら、Bに活かす。 

 

 

そんな風にできれば、自ずとCを掴めるのかもしれない。

 

そんなことを思った今日このごろ。

 

まだまだ思索途中。

どうカバーするか?あなたも2つのタイプに分けられる。

introvert-and-extrovert-personality-test

人は大きく2つのタイプに分けられる。

 

内向的か、外向的か。

 

そう提唱して心理学界を大きく揺るがした「ユング」。

 

子供に対して「彼は内向的な子だ」とかよく聞く言葉だが、その言葉を普及させた精神科医だ。

 

そんなユングの心理学的類型を読んで、学び、気付いたことがある。

 

31SY0Hbfu1L._SL500_AA300_

ユング「心理学的類型」 オススメ度★★★★★

 

 

 

人がタイプとして2種類ある


著書では細やかなタイプに対する描写が秀逸で、本当に人の心理を的確に言葉にしている。

 

簡単に内向的・外向的タイプの解説をざっくりまとめると、

 

内向的な人、つまり落ち着いた態度、時には批判的で、辛辣で読み取りがたい性格。通常は自分の感情をしっかり手元で抑えていて、自分で活動させ、思想を理解するのが好きな人。無意識のうちに人を慰め、思いやりがある。固定した感情と考えを持っている。それと同時にカオス的、情熱的な情動生活を携えている。それを自らが知っているが、抑えられない。仕事面では自分の仕事をしあげてしまうと、気前よくそこを立ち去る。自分のはじめた仕事が自分の手にかかって駄目になっていくのを見るよりは、それが他人の手で繁盛するのを見る方を好む。正しいか正しくないかや目的にかなっているかは考えず、社会の期待に逆らっても自己を誇示しようとする。

 

外向的な人は敏捷性と便宜主義が強い。物事を管理することを好み、社会にとっては極めて有益な存在であることが多く、全力をあげ率先して社会を指導する。新たな理念を生み出したり、新しい道を切り開いたりすることは少ないが、それに従ったり、理解したり、実現することはすみやかにできる。家では社交場で見せたものとは全く別の性格をみせる。禁欲を好む傾向はなく、家では冬であり、社交場が夏である。外向タイプの主要価値は自分自身にあるのではなく、他者とのあいだの相互関係にある。自分の精神や健康を顧みないという著しい犠牲を払った上で適応能力を高める。

 

このように内向的・外向的に分けられるのは適応の過程で生まれたのだとユングは説く。

 

生物として、生きる術として根本的に異なった2つの道があるというのだ。

 

1つは個々の個体のもつ防御力や寿命は比較的乏しいが、生殖力のほうは旺盛であるというもの、もう1つは生殖力は比較的乏しいが、個体が様々な自己保存の手段を備えているものである。

 

つまり攻撃と防御に例えやすい。

 

男子に分かりやすく言うと、ドラクエでも戦略として攻撃力を高めてガンガン戦う方法も1つだし、回復や防御力を高めていのちだいじに戦うのも1つということだ。

 

非常にシンプルで、生物学的にも納得がいく。

 

 

 

無意識はタイプを補完する


ユングのタイプ論は、内向的・外向的などに分類だけに留まらない。

 

内向的な人と外向的な人はそれぞれ全く別なのではなく、内向的な人も必ず無意識の中に外向的要素を持っており、補完するようになっているのだ。

 

外向的な人も必ず内向的な要素を持っている。

 

人はみな自分のタイプではない無意識の傾向とどのように関わり、それを取り入れ、どのように統合していくかという課題を持っている。

 

意識の一面性を修正し、これまで意識的に生きてこなかったものと直面し、それを統合していくことこそ、ユングは「個性化の過程」と呼んだ。

 

ユングはこころの中の様々な対立するものを示し、人は意識的に生きてこなかった側面を統合していくものだと提唱した。

 

心理学的類型論では内向的・外向的に分けたのち、さらに思考・感情・感覚・直感のタイプに分けて解説されていく。

 

 

 

僕は情動を抑えていた


外向的な人は情熱の度合いが少ない。

 

僕も外向的に分類され、嬉しいとか、楽しいは表現するが、相手に合わせられる分、自分を犠牲にする傾向にある。自分が我慢すれば済むことは相手に遠慮してしまう。

 

感情に対しての動きを抑えがちで、人の目を気にして、見栄っ張りだ。

 

 

僕は自分のやりたいことをやってきたつもりだったが、そうではないと気付いた。

 

「自分のやりたいこと」すべてではなく、「自分がワクワクすること」に対してのみ純粋だった。自分の感情や細やかな配慮はしてこなかった。

 

しかし、情動を抑えて適応することが悪いことではなく、自分の長所だ。自分の長所を伸ばしつつ、うまく自分の感情に配慮することを考えないといけない。

 

 

人と自分では得られるスキルが違う


僕は人の違った感性によく感動する。なんでそんな風に感じられるのか不思議なことが沢山あって、いつもどうしたらそんな風に気付けるのか、常に他の人が感じ、考えることを自分でも網羅しきろうとする傾向にあった。

 

そこまではよいとして、その考えから得られるスキルが違うのに、自分で人が持っているスキルをすべて身につけようとしていた。できていない自分が悔しいし、人を羨ましく思っていた。

 

 

しかし、人によって大きく戦略が2つに分けられるし、そこから得られるスキルは違う。

 

再度ドラクエ風に言うと、職業を選択した際にレベルによって覚えられる技や魔法が違うようなものだ。

 

手広く浅くスキルを覚えるよりも選択した職業を極めていく方が強い。

 

弱くなりがちなスキルがあっても仕方がない。気付いた時にうまく補完しつつ、自分の攻撃力を高めることだと腑に落とすことができた。

 

 

 

おわりに


その他にも自分とは異なるタイプの考えを深く知ることができ、よい学びがあった。

 

違いを知らないことは恐怖だ。

 

違いを知らないと何を考えているのか分からず恐怖を覚えて、距離を置く。

 

タイプの違いを知ることで許すことができる。

 

心理学は非常に実用的な学問で面白い。

自由にする範囲を決めるといいかもしれない。

img10033395971

こんな綺麗な海が近くにあったら最高だ。

1人でいても気分は最高だし、誰かと遊ぶにも最高だ。

僕は海が好きなので、それに存分に応えてくれる。

自由だ。

できる限り自分の気持ちに素直に、自分のやりたいこと、叶えたいことをずっとやっていられたら幸せだ。

すべてが自分の自由にできたら、なんて幸せなんだろう。

 

でもすべて自由なんて物理的に無理だ。

なんで沖縄に住まないのかを考えれば分かる。

沖縄に住むと職場は限られたり、友達と会うのも大変だし、他にやりたいことができない。

だから、すべて自由にしていようと思ってもよくない。

それに自由は制限の中で生まれるものでもある。

 

そうすると結局今のままでいいのではないかという気持ちになる。

でもそれでは楽しくない。

自由でいられるほど楽しい。

 

だから、範囲を決めて、ここだけは自由にしまくる。

ってすると面白そうだ。

それは僕にとって健康。

健康に関しては、全力で自由に、自由が制限されている現状には敏感に反発し、追い求めていきたい。

Sexy?笑い?スタジオ?楽しく続けるために。

以前の記事(ビジネスマンのための健康づくり)でも書いたが、

 

健康推進コミュニティという団体があり、その「フューチャーセッション」なる会に参加してきた!

 

 

「どうすれば楽しくスポーツや健康づくりを続けられるか?」

 

というテーマをグループに分かれて話し合ってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろんなアイデアが出たところが面白かった。

 

 

 

 

Sexy✕健康

sexy-celebs-george-holz-13

健康=Sexyなら、ぜひ健康になりたい。(写真はコチラより)

 

 

笑い✕健康

189874p

統合失調症とお笑いを掛け合わせることだってできる。だったら健康も。(お笑いコンビ「松本ハウス」のハウス加賀谷。写真はコチラより)

 

 

デザイン✕健康

ora121006_tokyuhands-03

渋谷にある東急ハンズは階段にすべてカロリーが表示してある。階段が使いたくなる。(写真はコチラより)

 

 

などなど。

 

 

今回は第二回だったんだけど、第一回目の話し合いが派生し、実際にスポーツスタジオができたそうな。

 

スクリーンショット 2013-12-07 19.05.17

Wing Sports House

 

 

1つの施設に総合格闘技、ジャズダンス、美背中エクササイズ、運動スキル開花塾などの多くのプログラムがあり、

 

地元の人がよく通る道にガラス張りのオープンな空間で、地域に根ざした運動の場を提供する。

 

月額子供6000円、大人8000円からで、僕に子供がいたら一緒に行きたいと思った。

 

立ち上げた方はガンバ大阪でトレーナーをしていた指導のプロで、実際に簡単なストレッチを教えてもらったが、とてもよかった。

 

プロに教えてもらえるってやっぱりいい。

 

上手になるのが早いし、その後自分でやるにしても正しいやり方でできるし、こういう所だと交流もある。

 

お金を払ってスタジオなどに通うのも継続の1つの秘訣かもしれない。

 

荒川区町屋にあるので、興味がある人はコチラ→Wing Sports House

突撃調査!ファストフードなのに健康的なサブウェイに行ってみた!

ファーストフード店に行きますか?

 

安くて早いファーストフード。気軽にお店に入れる上、色んな所にあって便利。

 

不健康とは知っている。

 

でもむしろ不健康なものが食いたいんだぜ!って気分を満たしてくれたりする。

 

ファーストフード=不健康というのが一般常識。

 

 

しかしそんな常識を覆す場所があるという噂を聞きつけた!

 

 

 

 

スクリーンショット 2013-10-25 21.13.33

そう、SUBWAYだ。

 

さっそく調査に行くことにした。

 

 

やって来ました↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

始めて訪れる人のために紹介すると、

 

SUBWAYではトッピング選びはもちろんのことパン生地や焼き加減、ドレッシングまで選択できるようになっている。

スクリーンショット 2013-10-25 21.32.37

写真はHPより

 

まるで手軽なバイキング。

 

簡単にオリジナルのサンドイッチが作れる。

 

もちろん自分ではなく店員さんが目の前でやってくれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドレッシング選びにも真剣な眼差し。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

4人のチョイスは、

サーモンアンドマスカルポーネのウィート・トースト・野菜増し・アボガドトッピング・ピクルス抜き・オイルビネガー・チーズポテト付き(620円)

サーモンアンドマスカルポーネのウィート・トースト・野菜増し・ピクルス&ピーマン抜き・オイルビネガー(450円)

サーモンアンドマスカルポーネのウィート・トースト・野菜増し・オイルビネガー(450円)

ローストチキンのハニーオーツ・トースト・野菜増し・アボガド&クリームタイプチーズトッピング・オイルビネガー・ピリ辛ポテト付き(640円、得サブ価格)

 

 

頬張ってやりました↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

みんなの感想は、

パンが美味しい!焼いてあって硬くない!
とろとろチーズがうまい!
この玉ねぎもおいしい!
実はマックと同じ値段!
週替わりでお得!
サラダが冷たいので冬はスープほしい!
ボリューム満点!

 

と大好評!

 

よく見ると「野菜の」SUBWAYと前置きがあり、「毎日に野菜をはさもう」と題しているだけあって、野菜が本当に美味しかった。

 

カロリーは少ないのに、満足感たっぷり。しかも安くて近い。

 

あれ?ファーストフードって実は健康的だった!?

 

ダイエット中だけど、がっつきたい時にオススメ!

追いかけてはいけない!尊敬する人を越える3ステップ。

みなさんどうも。

 

サブタイトルが「健康の種を贈る研修医のブログ」なのに健康関連に記事が少なくてすみません。

 

温めているんです。

 

だいぶ温まってきました。

 

でももうちょっと温めます。

 

健康に関しては本気で粛々とプロジェクトを進めていて、完成したらドーンと出していこうと思ってます。

 

 

 

 

今日は僕が勝手に尊敬している先生のことを書こうかなと。

 

 

岩田健太郎

 

 

研修医でこの先生の名前を知らない人はいない。

 

37歳にして神戸大の感染症の教授となった。

 

研修医オススメ本でも紹介しているが、「抗菌薬の考え方、使い方」は研修医必読本だし、より感染症の専門的な本、「ある日、ワタルさんはエイズになった」という絵本、「1秒もムダに生きない時間の上手な使い方」という時間管理本、「構造と診断 ゼロからの診断学」という診断学の本、「Dr.岩田健太郎のスーパー指導術」という指導の仕方を書いた本まで。

 

著書は20冊以上。

 

本当にすごい。

 

かねてからすごい人だなと思っていて、講演を聞けるチャンスがあった時はワクワクして行ったが、期待以上にすごかった。

 

話が面白いし、本質をついている。

 

その講演では大学を卒業してから医学部に入学すべきだという趣旨のものだったのだが、岩田先生が話した内容は真っ向からそれを批判するものだった(何て人だ!)。それなのに笑いあり、納得し、質疑応答も盛り上がった。

 

そんなわけで僕はこの先生を尊敬している。

 

この人のように深みのあるコンテンツを発信していきたい。

 

畏れているだけでは得るものがない。この人を追い越すためにはどうしたらよいか。

 

スクリーンショット 2013-10-23 23.15.58

尊敬する人を越えるには3ステップある。

 

 

1.親しくなる

やっぱり近くに行って、その人の発想、話し方、行動を観察し、盗むのが一番だ。会う時間が長い程その人のことを考える機会も多く、得るものが多い。

 

2.分析する

尊敬する人をきちんと知る。なんとなく一緒にいてはいけない。どこがすごいのか、何をしているのか見極める。

 

3.自分に活かす

よくある失敗はその人になろうとすること。追いかけているだけでは一生追いつけない。自分と尊敬する人とでは強みが違う、時代背景が違う、仲間が違う、目標も違う。自分はどうすべきかを本気で考えて、自分の道を歩んでいかないといけない。

 

 

1.はおいおい仲良くなれたらよいが、とりあえず2からは今でもできるので、僕は岩田先生の著書を分類してみた。

 

1.専門分野(感染症、HIV、旅行感染症)

岩田健太郎: 神戸大学感染症内科版TBL: 問題解決型ライブ講義 集中!5日間
岩田 健太郎: 抗菌薬の考え方、使い方Ver.3
トラベル・アンド・トロピカル・メディシン・マニュアル
ある日、ワタルさんはエイズになった
岩田 健太郎: 抗HIV/エイズ薬の考え方、使い方、そして飲み方
感染症のコントラバーシー―臨床上のリアルな問題の多くは即答できない
リスコミWORKSHOP! ― 新型インフルエンザ・パンデミックを振り返る
感染予防,そしてコントロールのマニュアル-すべてのICTのために

2.診断学

岩田 健太郎: 構造と診断 ゼロからの診断学
総合診療・感染症科マニュアル
クリニカル・リーズニング・ラーニング

3.授業、教育、指導方法

岩田 健太郎: Dr.岩田健太郎のスーパー指導術 〜 劇的に効果が出る“教えるコツ”“教わるコツ”
岩田 健太郎: 主体性は教えられるか

4.時間管理

1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方 (光文社新書)

5.命、患者、倫理

ためらいのリアル医療倫理 ~命の価値は等しいか? (生きる技術!叢書)

6.災害医療

災害ボランティア健康管理マニュアル

7.アメリカ医療

真っ赤なニシン―アメリカ医療からのデタッチメント

 

 

こう並べてみるとやっぱり専門分野の本が大半だ。

 

幹が据わっているからこそ、枝葉も輝く。

 

僕は健康と総合診療で本を出さないといけないな。

 

今に合った攻め方でいこう。

誕生日に必ずやることと言えば?岡部家の場合。

20121210_258598

引用:The Candy Perfume Boy

 

 

みなさん自分の誕生日はどうお過ごしだろうか。

 

僕の家ではプレゼントがもらえなくなって久しいが、

 

誕生日に必ずやることがある。

 

それは、

 

 

「抱負」を述べること。

 

 

中学生の頃、「僕は家庭や環境に恵まれており、人の苦しみを分かってあげられないことが悩み。人を分かってあげることが今年の抱負だ」と言ったらしい。

 

いい子だ(笑)

 

そんな僕は27回目の誕生日を迎えた。

 

今年の抱負を述べたいところだが、最近は正月に抱負を作っているので、抱負を述べづらくなった。

 

継続が必要なものばかりだし、初志貫徹したいところ。

 

やはり新年の抱負を継続すると家族たちに伝えた。

 

 

再掲、2013年の岡部大地の抱負は、

 

houhu

 

中間結果は9月29日時点で

 

本、雑誌、論文:72冊、

ブログ:70記事、

講演、勉強会:4回、

新規事業:0.7個、

新聞、雑誌:新規事業で掲載予定、

10000人に健康の種:?

 

とまずまず!

 

この調子でいこう!

 

医者として医療をやりながらも本を読んだり、事業を立ち上げる時間は十分ある。

 

問題は自分のモチベーションの維持だ。

 

今日なんかは作業する気が全然湧かなくて困った。

 

こんな時は遊んだり、Facebook見たり、何かで気を紛らわせたりしても全く効果はなくて、欲求に任せているとたっぷり時間を潰したあとにでっかい後悔が待っている。

 

でも時間を取り戻すことはできないから諦めて、こういう時間が必要なのだと自分に対しても諦めてしまう。

 

いい加減失敗から学ぼうぜ。

 

今日は自分の部屋を片付けた。

 

自分の気持ちを整理するかのように。

 

最後にシャワーを浴びて、自分丸ごと綺麗にする。

 

やる気が湧く。

 

心のシーソーはやる側に傾く。

 

 

そんなわけで今日も頑張れた。

 

この調子でいこう!

ビジネスマンのための健康づくり

2013-06-04_0856画像は健康都市推進コミュニティHPより

 

風も涼しくなってきて、運動の秋がやってきた。

 

昨日僕は、荒川区で働く人たちに「楽しい」健康維持を提案する荒川健康コミュニティ(AKC)のイベントに参加してきた。

 

昨日のイベント内容は「初心者のためのジョギング講座」というもので、ジョギングを始めたばかりの僕にぴったりだった!

講師はスポーツクラブでマラソンのサポートをしたり、こういったジョギング講座をされている轟以奈子氏さんという方で、走る時の細かいコツを分かりやすい表現で教えてもらった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いくつか紹介すると、

・腕をふるときは肘を90°に曲げて、腰骨を磨くようにふる。
(横や縦にふるのはよくない)
・坂道を上がる時は腕を大きくふって、ギアチェンジ。
(さらに身体を前に倒すと走りやすい)
・胸から上は台車に乗っているかのように上下させずに走る。
(身体が上下すると心拍数も上がって疲れやすい)
・一本の線の左右を踏んで走る。
(一本の線の上を走ろうとすると足がぶつかるし、ガニ股もよくない)

 

ジョギングされている方は参考にして下さい。

 

 

AKCは毎月コンスタントにイベントをされていて、働く人たちをきちんと集客できているところがすごい。

お金が目的ではなく、働く人たちの健康をつくりたいという想いでやっている。

 

 

ビジネスマンたちを集めてられている秘訣は2つだそう。

 

1つが「楽しさ」

糖尿病教室で糖尿病を予防しましょうと言っても、その場に行っては自分が糖尿病であると認めることになってしまうから、そうではなく、楽しくやることを売り出さないといけない。

 

もう一つが「データ」

健康を維持することができれば、このぐらい得をするんだということをきちんと伝えると働く人たちはそういうことに敏感でやる気が出るそうだ。

 

 

実際に働く人達が楽しくやっていて、僕も楽しかった。今後とも何かしら関われていけたらいいなと思う。

 

荒川区周辺のビジネスマンや主婦にオススメ。ボクシングとスロートレーニングを合わせたレバレッジ・トレーニングや子供のための運動スキル講座、筋トレ講座、ウォーキングBBQなど色々楽しめる。

興味のある方はコチラから。